この星の格闘技を追いかける

【LFC09】右ジャブと足払いでヒルを完封、安藤晃司が挑戦権獲得!!

2012.06.16

<ライト級/5分3R>
安藤晃司(日本)
Def.判定3-0:29-28, 29-28, 29-28
ロブ・ヒル(豪州)

サウスポー同士の一戦は、ヒルが左フックから右ストレートを伸ばす。安藤も右ジャブを見せ、右ローを蹴り込む。右ストレートから左フックと、パワフルなパンチを振ってくるヒルは、左から右とパンチを続け、さらに左を打ち込む。頭を下げて右を伸ばすヒル、安藤はアッパーやヒザで上体を起こさせたいところだ。

足払いで目先を散らす攻撃を見せた安藤は、右をヒットさせる。左ボディを放つヒルに、安藤は右インサイドローで出足を止めるにかかる。ヒルの左右のフックに負けず、右を打ち返す安藤はさらに右ジャブを連続する。ガードを固めるヒル。安藤は組んでコーナーに詰めるが、ここでは自ら距離を取る。ヒルは左ミドルをヒットさせ、両者が前に出てパンチを交換したところでタイムアップに。

2R、安藤かギアを一段上げたかのように左から右を打ちこむ。さらに左ボディと攻める安藤。ヒルは左ミドルを返すが、サウスポー相手に左ミドルを打つということは、右の蹴りは出せない表れか。安藤は右ジャブからヒザを見せ、右ローにつなげる。ガードが下がり、動きがドタバタし始めたヒルはスタミナ切れか。瞬発力はあるが動きは悪い。

安藤は足払いでテイクダウンを奪うと、パウンドを打ち込んでいく。ロープに詰まり頭を抱えるヒル、安藤がパンチを続けるとレフェリーがストップをかけ、リング中央で再開に。ハーフガードの安藤に対し、シッティングからシングル出たヒルの頭を潰す。両者立ち上がると、安藤はヒルのボディを避けて右アッパーへ。

この一撃は惜しくも空振りになったが、試合のペースを握るようになった安藤は、右ショートフックを打ち込む。続いてヒルの荒い左右のフックにヒザを合せる安藤。バランスが悪くなり、下を向くシーンも増えたヒルを再び転がせると、ハーフガードからパウンドを連打する。そのままトップで2R終了を迎えた安藤が、このラウンドを明確に取った。

最終回、安藤は左をヒットさせ、さらにプレッシャーを掛けていく。ヒルの左ミドルに左ストレートを打ち込み、続いてワンツーと、ヒルが下がるシーンがいよいよ目立ってくる。安藤は攻撃を弛めることなく、ボディへのヒザから、左ロー。外掛けで再びテイクダウンを奪い、ヒルを削っていく。

ジャブで制して、足技、左につなげる安藤は、ここでも左ボディフックをヒットする。動きが鈍るヒルに対し、ヒザをボディに見舞うと、大振りのパンチをしっかりと見切る。ヒルのパンチは、踏み込みがなく手打ちが多い。安藤は頭を下げて前に出てきたヒルに対し、今度は右の大内刈りでテイクダウンを奪う。

徐々にパウンドの勢いが増す安藤。残り1分でレフェリーが両者をリング中央に。すぐに体を起こしたヒルが立ち上がるが、ガードを高く固めてなお、安藤のパンチを被弾し続ける。安藤は右から左とコンビネーション、そのまま攻め続け試合終了のゴングを聞いた。

1Rこそイーブンだったが、2、3Rはヒルを圧倒した安藤は、ジャッジ3者とも29-28をつける裁定で判定勝ち。ジャダンバ・ナラントンガラグが持つ、LFCライト級王座挑戦権を手にした。リング上で、王座に挑むことに対し質問されると、「チョット、ビビッています」と答えた安藤だが、非常に安定した強さを見せた一戦だった。

PR
PR

関連記事

Movie