この星の格闘技を追いかける

【UFC146】代役デビューのヴァーナーがバルボーザを撃破

2012.05.27

<ライト級/5分3R>
ジェイミー・ヴァーナー(米国)
Def.1R3分23秒by TKO
エジソン・バルボーサ(ブラジル)

 距離を取り、重心の低い構えのヴァーナーに対し、バルボーサが前蹴りから、重いローを左右から放っていく。続く右ハイキックをキャッチしてテイクダウンに成功したヴァーナーは、インサイドハーフでトップをキープし、パウンドを落していく。蹴り上げから立ち上がったバルボーサは、再び強烈な右ローを連続で放っていく。

 続いて左ローを入れたバルボーサだが、ヴァーナーも右フック、左のボディをヒットさせる。ローから右ストレートを伸ばしたバルボーサに、逆に右をヒットさせたヴァーナーはそのままテイクダウンからパウンドを落す。立ち上がり際で、さらに右ストレートを打ち込みダウンを奪ったヴァーナーは、鉄槌を連打しレフェリーが試合をストップ。

 WECからUFCに戦友たちとともに移籍が叶わなかったヴァーナーが、1年半を経て代役デビューという舞台で金星を挙げた。「UFCにチャンスをくれたことを感謝したい。自分を信じて戦った」と勝者は語った。

PR
PR

関連記事

Movie