この星の格闘技を追いかける

【UFC Fuel02】ディアバテがガス欠のデブラスに判定勝利

2012.04.15

<ライトヘビー級/5分3R>
シリル・ディアバテ(フランス)
Def.判定2-0:29-28、29-28、28-28
トム・デブラス(米国)

頭一つ大きなディアバテに対し、果敢に前に出るデブラスは組みついてケージに押し込んでいく。シングルに切り替えてテイクダウンを奪ったデブラスは、右ワキを差して左側へパスを狙う。手首を掴んで、パスを許さないディアバテだが、足を畳んだデブラスはハーフから首を殺していく。

ハーフからワキを差したディアバテだが、スイープは仕掛けられない。ディープハーフから潜りを狙ったディアバテは、エルボーを受けつつ腰をずらして立ち上がろうとする。反対側に腰を切って、パスを奪ったデブラス。このパスガードに、スウェーデンのファンは声援を送る。

サイドからエルボーを落とすデブラスはマウントを狙うが、足を越えることができない。残り10秒、バックを狙ったところでラウンド終了となった。2R、左ミドルをキャッチし、すぐにテイクダウンを奪ったデブラス。すぐにサイドを取るが、体を捻ってディアバテが立ち上がろうとする。


ギロチンで固め、再びサイドを取り直したデブラスは、再び体を捻って立ちあがったディアバテにギロチンを狙うが、逆にテイクダウンを許してしまう。一気に動きが落ちたデブラスに対し、ディアバテがパウンドを落とす。デブラスは足関節からトップを奪い返すと、ここでもサイドに。

残り90秒、鼻血を流したデブラスはここでもディアバテに立ち上がられ、自ら引き込むようにガードポジションへ。鉄槌を受けて、動きが悪くなる一方のデブラスは、スクランブル発進では、スタミナが作れていなかったようだ。左のパウンドエルボーを顔面に受けたデブラスは、青息吐息の状態で2R終了のホーンを聞いた。

3R、ジリジリとプレッシャーを与えるディアバテは、ワンツーを打ち込む。肩で息をするデブラスは、前に出ることでボディにヒザを受け苦しそうな表情を浮かべる。勢いの増すディアバテ、デブラスの前進を簡単にステップバックでかわすと、右ストレートを打ち込む。デブラスは足関節を狙うように、引き込むもパウンドを落とされ、再びピンチへ。

ディアバテは寝技に付き合う必要はないと思われるが、エルボーやパンチを落としながら寝技の攻防を続ける。背中をつけるだけでなく、頭もキャンバスにつけるシーンが目立ってきたデブラスだが、ここでディアバテの左足を取る。足を引き抜こうとしたディアバテから、トップを奪い返したデブラスは、パスからサイドへ。

体を捻ったディアバテが立ち上がると、デブラスは組みつくこともなく引き込む。エルボーをボディに受けた完全にガス欠状態のデブラスは、何とか時間まで戦ったが、コンディションが整っていないのが明らかな試合内容となり、判定負けを喫した。

PR
PR

関連記事

Movie

JBJJF ALL JAPAN