この星の格闘技を追いかける

【UFC FOX12】クルックシャンクの結界破り、マスヴィダルが勝利

2014.07.27

<ライト級/5分3R>
ホルヘ・マスヴィダル(米国/14位)
Def.3-0: 29-28, 29-28, 29-27
ダロン・クルックシャンク(米国)

マスヴィダルの右ローをキャッチしたクルックシャンクが、右ストレートを放つ。距離を取り直し、間合いを測る両者。マスヴィダルは左ミドル、クルックシャンクが右ストレートでダウンを奪う。すぐに立ち上がったマスヴィダルにクルックシャンクが放った後回し蹴りは空振りに。クルックシャンクは右ミドル、左サイドキックを繰り出す。前に出るのはマスヴィダルだが、蹴りを入れるのはクルックシャンク。ローから、右ストレート、サイドキックとケージ際で足技中心の攻めを見せる。

マスヴィダルは接近してワンツー、さらに首相撲からヒザ蹴りを突き上げる。クルックシャンクは左前蹴りを顔面に入れ、左に回りながらワンツー&右ロー。マスヴィダルは左ローから右ストレート、跳びこんだクルックシャンクのパンチは空振りに。マスヴィダルも左ミドルを入れ、クルックシャンクの蹴りの結界を破っていく。残り10秒でテイクダウンを奪ったマスヴィダルだったが、ダウンの分このラウンドは落したと思われる。

2R、右ストレートから右ハイ、左後ろ回し蹴りを見せたクルックシャンクは、マスヴィダルが前に出てきたところでダブルレッグを決めテイクダウン。立ち上がったマスヴィダルは、ケージに詰められながら後方回転するように引き込みからリバーサルに成功してトップへ。クルックシャンクは蹴り上げを見せるも、足を捌いたマスヴィダルがトップをキープしてエルボーを落す。左右のパンチを入れたマスヴィダルは、クルックシャンクの起き上がりにハーフネルソンからダースチョークへ。自ら技を解いたマスヴィダルが、重いエルボーを顔面に連打する。

懐かしのアミールの態勢に入ったマスヴィダルは、右のパンチをクルックシャンクに落す。背後のクラッチを外したマスヴィダル、インサイドから左エルボーを落す。クルックシャンクもガードからヒジを返すが、ここは当然トップのマスヴィダルの攻撃の方が勢いがある。ラウンド終了までトップから攻撃したマスヴィダルがラウンドを取り返した。

最終回、クルックシャンクの右ローにも構わず距離を詰めてプレッシャーを掛けるマスヴィダル。右ストレートから蹴りを見せるクルックシャンクだが、やや軸が乱れているか。それでも左ミドルからパンチを伸ばしたクルックシャンク、マスヴィダルはシングルでケージに詰めてバックに回り込む。前方回転から足を取りに行ったクルックシャンクに対し、マスヴィダルはハーフネルソンからバックへ。再びスタンドでバックを許したクルックシャンクは、キムラアームロックを取りにいき離れることに成功する。直後のマスヴィダルのテイクダウン狙いを切ってバックに回ろうとしたクルックシャンクだが、前方に落とされマスヴィダルが2Rに続きトップに。

マスヴィダルは腰をコントロールし右のパウンドを連打する。ついに背中をベタッとマットにつけてしまったクルックシャンクに、マスヴィダルのパウンドが襲う。残り1分を切り、クローズドガードとなったクルックシャンクは、ケージ際に移動するも亀の態勢でパンチを集中される。脇腹にヒザを入れたマスヴィダルはタイムアップと同時に、両手を大きく広げて勝利をアピールした。ジャッジの裁定はマスヴィダルへ。29-27をつけたジャッジがいるように、今大会は10-8をつける確率が従来より高いようだ。

PR
PR

関連記事

Movie