この星の格闘技を追いかける

【OFC15】注目のライト級戦、フォラヤンが朴との接戦を制す

2014.05.03

Folayang vs Boku

【写真】パンチと蹴りの圧力のなかで、テイクダウンに果敢にトライしたフォラヤン。朴に必要だった試合を彼がy理遂げた(C)MMAPLANET

<ライト級/5分3R>
エドゥアルド・フォラヤン(フィリピン)
Def.3-0
朴光哲(日本)

フォラヤンが上体を左右に振ってフェイントを入れながら前に出ていく。朴も一気に距離を潰して左フック。距離を取ったフォラヤンは間合いを探りながらバックキックを放つ。朴がパンチで前に出ていくと、組みついたフォラヤンが朴を持ち上げてテイクダウンを奪う。ラバーガードから展開を作ろうとする朴。フォラヤンは身体を起こしてパンチとヒジを落とす。ヒザでガードを割って、パスガードを狙いながらサッカーボールキックを蹴るフォラヤン。朴が立ち上がり、試合はスタンドに戻る。フォラヤンはバックキックとインロー、朴は左手を伸ばしながらフォラヤンの入りに合わせて左フック。フォラヤンが朴をケージに押し込んで投げを狙うがすっぽ抜け、朴がトップポジションに収まる。朴がパンチを落とすと、フォラヤンがガードから腕十字を仕掛ける。

2R、フォラヤンが左ハイキックとサイドキック、朴はジャブや左手で距離を取りつつ右ストレートを狙う。朴のジャブに右をかぶせるフォラヤン。朴もフォラヤンの右ハイキックを空振りさせて組みつき、フォラヤンが頭をがぶってコントロールしようとするが、フォラヤンはそれを許さない。逆にフォラヤンがケージ際でテイクダウンを狙い、朴が立ち上がろうとしたところでフロントチョークを仕掛ける。頭を抜いた朴はインサイドガードからパンチとヒジ打ち。フォラヤンもケージに身体を預けて立ち上がり、シングルレッグからテイクダウンを奪う。朴がケージに背中をつけて立ち上がろうとすると、フォラヤンはヒザ蹴り。朴が立ち上がり、試合がスタンドに戻ると、フォラヤンは顔面へのバックキック繰り出した。

3R、朴が右フックを強振。距離を取ろうとするフォラヤンを下がらせると、左手を伸ばして右ストレートで飛び込む。フォラヤンはインローとハイキック、朴もそこに右ストレートを狙う。朴の右ストレートとフォラヤンの左フックが交錯。朴が左の蹴りで飛び込むと、フォラヤンは左フックから右ストレート。これで朴がバランスを崩すが、続くサッカーボールキックはかわして立ち上がる。ローを散らしてパンチを狙うフォラヤン。タイミングを見て右ストレート・右フックを打つ朴。残り1分を切ったところでフォラヤンが朴の右にタックルを合わせてテイクダウン、一気にパンチを落とし、立ち上がり際にサッカーボールキックを狙う。立ち上がった朴も一気にパンチで襲いかかるが、フォラヤンも蹴りで応戦する。ここで試合終了となり、判定はフォラヤンに軍配が上がった。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie