この星の格闘技を追いかける

【UFC142】スタウト流血、タバレスが判定をモノに

2012.01.15

Tavares

【写真】タヴァレスが、母国でテイクダウン勝ち(C)PVT

<ライト級/5分3R>
チアゴ・タバレス(ブラジル)
Def.判定3-0
サム・スタウト(カナダ)

ジャブで牽制しあう中、組みついてすぐにテイクダウンを奪ったタバレス。立ち上がるとするスタウトの腰を担ぎ、バックへ回り込む。向き合って距離を取ると、スタウトは打撃戦に転じるが、タバレスは再び組み浮いて、テイクダウン。さらに持ち上げてスラムで、グラウンドをキープする。

ケージを背にして、立ち上がろうとするスタウトの足を捌き、トップをキープしようとしタバレス。スタウトが立ち上がるとギロチンで後方へ倒れ込む。首を引き抜いてトップを取ったスタウトだったが、タバレスは足関節狙いからスタンドを戻る。

前に出るスタウトと、距離を取るタバレス。残り20秒を切って、テイクダウンを仕掛けたタバレスが、上体を起こして左フックを打ち込む。スタウトの動きを封じたタバレス、2Rに入っても右を伸ばしながら、組みつく機会を伺う。


スタウトも右から左をヒットさせ、さらに左アッパーを伸ばすも、これは届かない。右を差してドライブしたタバレス、こういうレスリング的な動きへの対処は、上手いスタウドだが、直後に右ストレートを顔面に受けてしまう。

再びダブルレッグをスプロールしたスタウトは、左フックのカウンターを狙う。右から左をヒットしたタバレス、今度はシングルレッグから左足を持ち上げるが、ここもテイクダウンは奪えない。スタウトは距離をとって、左ボディフックを打ちこんでいく。と、タバレスの右の蹴りがスタウトの耳を掠め、流血に追い込む。

残り1分、打撃の交換が続くが、タバレスも決して打ち負けていない。と、ようやく左ローを放ったスタウト、テイクダウンを警戒してなかなか出せなかった蹴り技を繰り出すが、タバレスも右ローを返して2Rを戦い終える。

最終回、右が伸びるタバレスに対し、右ストレートから左ローをスタウトが伸ばす。続くローがタバレスの急所を直撃し、タバレスはオクタゴンで大の字に。なかなか立ち上がられないタバレスだが、背中を伸ばして呼吸を整える。もう一度、仰向けに寝転がり回復に努めたタバレスは、スクワットから試合再開へ。

タバレスのローにパンチを合わせたいスタウトだが、タバレスのアグレッシブな動きは変わりない。タバレスの左に、左を合わせたいスタウトだが、僅かに距離が合わない。続くタバレスのテイクダウン狙いを受け止め、ヒザを突き上げるスタウト。

2R以降は徹底してテイクダウンを切るが、打撃戦で攻勢に出られない状態が続く。タバレスは左を打ち込むも、左ジャブを連続でうけて、いつのまにか口を切っている。スタウトの打撃戦に懸命に間合いをずらすタバレスに、リオのファンはチアゴ・コールで後押しをする。

残り30秒、左リードジャブを連続で決めたスタウト。左ローをヒットさせ、右ストレートでダウンを奪う。すぐに立ち上がったタバレスは残り10秒で、ヒザと右アッパーを2発被弾するがタイムアップに救われた。1Rはタバレス、最終回はスタウト。勝負を決めるのは2Rか。果たして、ブルース・バッファーは、3-0でタバレスを勝者としてコールした。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie