この星の格闘技を追いかける

【UFC140】サウスポー対決はエバーソールに軍配

2011.12.11

<ウェルター級/5分3R>
ブライアン・エバーソール(米国)
Def.判定2-1:29-28、28-29、29-28
クロード・パトリック(カナダ)

サウスポー同士の対戦はまず、エバーソールが左ハイからシングルレッグを見せる。カットしたパトリックは、胸を合わせた状態でインサイドトリップを見せるも、エバーソールがケージまで押し込んでいく。

金網から離れた両者。オクタゴン中央でも組み合いは続き、今度はパトリックがエバーソールを押し込んでいく。体勢を入れ替えたエバーソールは、ダブルレッグを仕掛ける。ギロチンでこたえるパトリック、親指を立てて「大丈夫だ」とアピールするエアーソールは、ケージに押し込んで首を引き抜くことに成功する。

腰をコントロールするエバーソールは得意のエルボーを見せることなくパトリックに立ち上がられてしまう。再び組みついたエバーソールに対し、パトリックが体を入れ替えた直後に1Rはタイムアップに。


2R、前に出るパトリックにスタンドのエルボーを見せたエバーソールは、左へ回りながら距離を測る。両者の左がクロスし、パトリックのテイクダウンはエバーソールが遮断する。首相撲を狙うエバーソールに、左フックを放ったパトリックだが、エバーソールはここでドライブ。ケージ際で、思い切り右エルボーを見せ、直後にダブルレッグで組みつくと、シングルレッグに移行するもテイクダウンには至らない。

ケージを背にしたパトリックは、ここで左エルボーを放つも、エバーソールも離れ際に右エルボーを打ち込む。すぐにケージにパトリックを押し込み直したエバーソールだったが、観客はブーイングを送る。

距離を取り直した両者。パトリックがアッパーを放つが当たりは浅い。バックに回り込むように組みついたパトリックに対し、胸を合わせたエバーソールは体勢を入れ替えて、逆にケージに押し込んでいく。残り20秒、打撃の間合いになるとパトリックがフックをヒットさせ、直後にテイクダウン狙いへ。

エバーソールがケージを背に踏みとどまったところで、2Rが終了した。最終回、開始早々にテイクダウンを狙ったエバーソールは、がぶるパトリックを揺さぶり、トップを奪う。バタフライガードから立ち上がったパトリックを、バックに回ったエバーソールが後方に倒して、再びテイクダウン。

スタンドに戻ってなお、バックキープを続けるエバーソールが、ハーフバックでフックしパンチ&エルボーを後方から打ち込む。パトリックは胸を合わせ、ここを耐えるもシングルからテイクダウンを再び許す。

バランスを崩したエバーソールをがぶり、ギロチンを仕掛けたパトリック。ロールしたエバーソールが首を抜いて立ち上がる。残り45秒、エバーソールのテイクダウン狙いを切ったパトリックは、アナコンダチョークへ。エバーソールは首を引き抜き、トップを奪取。そのまま試合はタイムアップを迎え、エバーソールは勝利を確信したように右手を挙げた。結果、ジャッジの裁定は2-1で分かれたが、エバーソールがスプリットで勝利を手にした。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Road FC45

HEAT41

Movie