この星の格闘技を追いかける

【UFC137】スタークス、勢いなきジャコビーはね除ける

2011.10.30

<ミドル級/5分3R>
クリフフォード・スタークス(米国)
Def.判定3-0:30-27、30-27、30-27
ダスティン・ジャコビー(米国)

広いスタンスで、距離を取りながら戦うジャコビー。スタークスが左を伸ばすが、ステップバックでかわしていく。スタークスが前に出るところをジャコビーがかわすという様子見のファイトが続く。

徐々にカウンターを当てるようになったジャコビーに対し、スタークスも右を伸ばしていく。再び距離を取るようになったジャコビーは、近距離になるタークスが首相撲の態勢に入るが、手を出す前に離れる。頭を下げて右を振るうスタークスだが、精度は低い。ジャコビーも距離を計るばかりで、手数が少ない。残り30秒を切って、スタークスがテイクダウンに成功し、ジャコビーがキムラアームロックを仕掛けたところで1R終了となった。


2R、左を繰り出しながら前に出るスタークスに対し、左右のパンチで迎え撃つジャコビー。左のカウンターは力強さがない。スタークスの右ストレートに左ストレートを合わせたジャコビーだが、パンチに勢いが感じられない。プレッシャーを掛け始めたスタークスは、残り2分を切ると、テイクダウンに成功。ジャコビーはクローズドガードから殆ど仕掛けを見せにまま2Rも終了した。

最終回、前に出始めたジャコビーだが、スタークスの右を受け、テイクダウン狙いもはね返される。再び前に出て、今度はスタークスの左を受けたジャコビーは、残り3分を残した時点でテイクダウンを許し、ここでもクローズドに固めるのみ。

一瞬、パスに成功したように見えたスタークスだったが、ジャコビーはハーフに戻して、キムラアームロックに逆転を懸ける。結局、腕を引き抜いたスタークスが最後まで細かい関節技をはねのけて、3-0で判定勝ちを収めた。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie