この星の格闘技を追いかける

【UFC136】ノーガードの打ち合いに地元ファンも熱狂

2011.10.09

<ヘビー級/5分3R>
スタイプ・ミオシッチ(米国)
Def.判定3-0:29-28、30-27、29-28
ジョーイ・ベルトラン(米国)

腹回りが緩いベルトラン。なぜか会場人気が高い彼に、クロアチア国旗模様のトランクスを着用したミオシッチが、ローを入れていく。ベルトランも左ジャブを見せるが、ミオシッチはシングルレッグでテイクダウンを奪うと、背中を見せて立ち上がろうとするベルトランに後方からパンチを入れる。

真正面に回り、テイクダウンを完成させようとしたミオシッチに、ベルトランは胸を合わせて、体勢を入れかえる。すぐにベルトランを押し込んだミオシッチは、自ら距離を取り、試合は打撃の間合いへ。

近距離から右フックをテンプルに打ち込み、左ローを入れるミオシッチだが、パンチの後のガードが低く、ベルトランもフックを返していく。ミオシッチは左右のローをヒットさせ、右を放つが、ベルトランはここでも右を返していく。

ベルトランのパンチにローを合わせるミオシッチ。右ローでベルトランのダメ―ジを蓄積させていく。2R、左右のフックを放ちながらベルトランが前に出るが、両足が揃っていたためミオシッチは、簡単にカウンターのテイクダウンを合わせ、パウンドを落としていく。


立ち上がったベルトランは、ミオシッチの首相撲からのヒザに逆にテイクダウンを合わせ、パウンドを落とすと場内は割れんばかりの大歓声に包まれる。

立ち上がったミオシッチは、距離を取るが、ベルトランがボディを連打。ここでミオシッチはシングルレッグでテイクダウンを奪い、ハーフからパスを狙う。パスを許したと同時に、体を入れ替えて立ち上がったベルトラン。疲れが見え出したミオシッチに、左ミドルを見舞っていく。

接近戦で右ストレートをヒットさせたミオシッチだがスピードは相当落ちてきている。それでも打撃戦で優位に立つミオシッチは、組んでからの離れ際にエルボーを見せる。残り時間僅かとなり、両者ノーガードの打ち合いを見せるとテキサスのファンの大喜びだ。

3R、ミオシッチの左ローに右フックを合わせようとしたベルトランだが、空振に終わり、リズミカルなジャブを受ける。続くミオシッチのシングルレッグを潰したベルトランは、ケージ際に押し込まれギロチンを見せる。

首を抜いたミオシッチは、テイクダウンから速攻でマウントを奪うが、背中を向けたベルトランが立ち上がる。スタンドでバックを奪い、ヒザを臀部に入れたミオシッチ。ベルトらが向き合うと、ミオシッチはステップバックで距離を取る。ミオシッチは左ジャブ、右ローを見せ、右ストレートから、ヒザをボディに突き上げる。

スピードがなくなった両者、ベルトランのテイクダウン狙いを潰したミオシッチが、そのままトップを奪取し、サイドを奪う。体を反転したいベルトランを押さえ込むミオシッチが、マウントの体勢になるや、すぐに背中を向けたベルトラン。両脇にミオシッチの腕を挟み、パンチとリアネイキドチョークを避けるのが精いっぱい。そのままの体勢で試合終了を迎え、29-28が2人、30-27が1人で、ミオシッチが判定勝ちを収めると、観客席からブーイングが送られた。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie