この星の格闘技を追いかける

【Strikeforce】ロックホールドが世界ミドル級王座戴冠

<Strikeforce世界ミドル級選手権試合/5分5R>
[挑戦者]ルーク・ロックホールド(米国)
Def.判定3-0:50-45、48-47、48-47
[王者]ホナウド・ジャカレ(ブラジル)

右ローで距離を詰めるロックホールドに王者・ジャカレはミドルを繰り出す。ジャカレのテイクダウン狙いをスプロールしたロックホールドだが、直後に右を受けてバランスを崩す。これを追いかけるように組みついたジャカレにロックホールドは尻餅をつきスイッチの形で耐える。

ケージに背中をつけたロックホールドの顔面に拳を伸ばしたジャカレは、腰をコントロールしてテイクダウンを奪う。立ち上がろうとするロックホールドにすかさずパンチを入れ、さらにバックへ回る。

ロックホールドが胸を合わせると、ヒザをボディに突き上げる。ジャカレを払ったロックホールドは右ロー、そして前蹴りを見せる。左ミドル、左ハイを繰り出すロックホールドは、ジャカレが組みついてくるのを避けたいところだが、ここでパンチを受けてしまう。

右ローから、左ハイを見せたロックホールドが続いてパンチをヒットさせると、ジャカレもたまらず組みつく。ここで両者の特色がハッキリと表れた1Rが終了した。2R、右ロー、左ハイを放つロックホールドに対し、ジャカレは間合いを外す。そこにスーパーマンパンチの要領で突っ込んだロックホールドが、蹴りを見舞っていった。


しかし、ジャカレは右フックでダウンを奪うと、ダメージの残るロックホールドをケージに押し込んで右エルボーを見せる。距離を取ったジャカレに左を伸ばすロックホールドは再びローからハイのコンビネーションを見せる。

蹴り技で距離をとるロックホールドだが、残り2分となりジャカレがケージにドライブ。ロックホールドが体を入れ替え、逆にジャカレをケージに押し込んでヒザを見せる。再び体を入れ替えたジャカレに対し、ロックホールドは突き放して距離を取る。右から左を伸ばし、さらに左を見せたロックホールド。ジャカレはやや疲れた様子で2Rを戦い終えた。

3R、左前蹴りからハイを見せたロックホールドに対し、ジャカレは距離を取って右を返していく。ロックホールドの左がジャカレの顔面を捉えると、両者、蹴り技を繰り出す。左ジャブからロックホールドがローを放つと、これが急所に当たったとジャカレがアピール。

座ってインターバルを取るジャカレは、背中をつけて体力の回復を図る。再開後、プレッシャーを掛けてくるロックホールドに対し、ジャカレがシングルから足払いでテイクダウンを奪う。ワキを差して、左でパンチを打ち込むジャカレは、ロックホールドの立ち上がり様にアームロックを狙うも、ここは距離を取られる。

ハイ、ローと手数が減らないロックホールド、ジャカレが下がるシーンが目立ってくる。ロックホールドの左ジャブがジャカレを捉える。一瞬、ノーガードになったジャカレだが、すぐに両腕をあげて構える。手数とプレッシャーで、ロックホールドが3Rを取った。

4R、左を打ち込むロックホールドに、ジャカレの右はなかなか当たらない。ロックホールドの左ミドルにジャカレも前蹴りを見せて簡単に下がらない。逆にジャカレの右に、ロックホールドが距離を取る。離れると蹴りを見せるロックホールドは、ジャカレに組みつかれてもボディにヒザを蹴り込み、体勢を入れ替える。ケージに際でのスクランブルの攻防から、立ち上がりざまにジャカレがパンチから蹴りで前に出る。

ロックホールドの首相撲に対し、シングルレッグを仕掛けたジャカレだが、ロックホールドも倒れない。試合がスタンドに戻ると、ロックホールドが左を伸ばすが、蹴り技は明らかに少なくなっている。残り1分を切り、後ろ回り蹴りを見せたロックホールドだが、ジャカレがその蹴り足を取る。抜群のバランスを見せ、テイクダウンを許さないロックホールドは、ジャカレをケージに押し込んでニーを突き上げる。

ここでタイムアップとなって試合は最終回に。ロックホールドの左に、ジャカレは右を合わせようとする。手数が多いチャレンジャーにジャカレは前蹴りを見せる。ロックホールドも左ハイでより印象の残りやすい攻撃を仕掛ける。

右ジャブを繰り出すロックホールドに対し、ジャカレは右から前蹴りを距離を詰めようとする。バックステップでかわしたロックホールドだが、パンチから組まれると、両ワキを許す。テイクダウン狙いから、ロックホールドの立ち上がりざまにヒザを見せたチャンピオンは、ここでクリーンテイクダウンを奪う。

尻餅の状態になり、ケージを背に立ち上がったロックホールド。ジャカレは距離ができると、ロックホールドの右を受ける、テイクダウン狙いで疲れたか、パンチを連続して被弾し、足が揃ってしまったジャカレ。王者のローに力がなく、ロックホールドがミドルを蹴り込む。残り30秒、両者の左が交錯し、残り10秒でジャカレがパンチで詰める。

試合終了とともに、両者が両手を挙げて勝利をアピールする。スタミナで王者を勝ったロックホールド。ジャカレのテイクダウンをジャッジがどのように判断するか。結果、50-45、48-47が二人で勝者はロックホールド。コンディショニングと、倒れないで手数を絶やさない戦略で、新チャンピオンが誕生した。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie