この星の格闘技を追いかける

【UFC LIVE】ミトリオーネ、テイクダウン狙を凌ぎKO勝ち

2011.06.27

<ヘビー級/5分3R>
マット・ミトリオーネ(米国)
Def.2R4分28秒 by KO
クリスチャン・モアクラフト(米国)

序盤から近距離で戦うミトリオーネとモアクラフト。ミトリオーネのローが、モアクラフトの急所をかすめる。そのミトリオーネの左ストレートで、いきないモアクラフトが尻もちをついた。

モアクラフトが立ち上がるのを待って、ロー、左ストレートと攻撃を続けるミトリオーネは、一発でKOする力を持っている。モアクラフトも右を振りながら前に出るが、ミトリオーネはステップバックからローを蹴っていく。

モーションの小さな右ストレートを見せたミトリオーネは、前に出てくるモアクラフトに再び左を打ち込む。右ジャブ二つから、左ストレートでモアクラフトの動きを止めたミトリオーネ。その後もパンチを身切っては、左、さらに右を連続で打ち込む。

足がもつれこむように倒れ込んだモアクラフトに、パウンドの追い討ちを掛けたミトリオーネだが、モアクラフトは最後の力を振り絞るように組みついてケージに押し込んでいく。残り10秒、立ち上がったミトリオーネが、マウスピースを吐き出したモアクラフトをケージに押し込むような格好で初回を戦い終えた。


2R、柔かい肩の動きから右ジャブ、左ストレートを繰り出すミトリオーネは、ローでモアクラフトの前進を止める。モアクラフトも起死回生を狙いヒザを見せるも、ミトリオーネは左ハイ。これは空振りとなったが、すかさず左を伸ばすミトリオーネは、鼻血を流したモアクラフトのダブルレッグで倒されるなど、やや集中力を欠いてきたか。

腰をコントロールするモアクラフトは、自ら立ち上がってクラッチを外し、エルボーを見せると、再びテイクダウンへ。リストを掴み、フルガードのミトリオーネだが、寝技は極端に動きが少ない。

ブレイクが掛かりスタンドへ戻るや、左を伸ばすミトリオーネ。モアクラフトはテイクダウン狙いが避けられると、そのまま前方にバランスを崩す。息も切れ切れのモアクラフトに対し、ミトリオーネは右フックから左ストレートを決めると、モアクラフトはヒザから崩れ落ち、大の字に。勝ったミトリオーネは余裕の表情で観客席を見渡した。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Road FC45

HEAT41

Movie