この星の格闘技を追いかける

【Challengers】ラーキンがヴィレンテ下しMMA12連勝

<ヘビー級/5分3R>
ロレンツ・ラーキン(米国)
Def.判定3-0:29-28、29-28、29-28
ジャンピエロ・ヴィレンテ(米国)

右ローを伸ばすヴィレンテがテイクダウンの機会を伺う。左右に動くラーキンだが、一発もパンチを見せることなく、ダブルレッグでテイクダウンを許す。ハーフから鉄槌、エルボーを落とすヴィレンテに対し、意外にもハーフからスイープを狙う。

トップをキープするヴィレンテだが、なかなかパスを奪えない。ケージに近づきながら、右エルボーを集中させた。ラーキンはワキを差して、柔術立ちからスタンドへ戻ろうとするが、ヴィレンテに密着されてトップをキープされたまま。ならばとラバーガードを見せる。頭が下がって、効果的なパウンドを落とせないまま、1Rが終了した。


2R、ラーキンはスピーディな左ロー、ミドル。右から左、さらに右前蹴りと踏み込みの鋭い打撃を繰り出す。スイッチして、前蹴りから距離を詰めたラーキンだが、蹴り足を掴まれ、ケージに押し込まれてしまう。太腿に鉄槌を落とすラーキンは、ケージを背にして組まれながら、鋭い右ローを放つ。さらにヒザを突き上げ、距離がデキると覆い切りアッパーを見せ、さらに首相撲から跳び上がってヒザを見せる。

ヴィレンテも右ハイ、右ミドルを見せるも、ラーキンの左右のローに動きが鈍くなる。右ローに前に出られなくなったヴィレンテは、ラーキンの右、さらに右ハイを受けそうになる。ラーキンの右ローが2度、ヴィレンテの急所を直撃する。

ここでインターバルが与えられ、再開後にラーキンがスイッチからジャンピングの蹴りを見せたところで2Rが終了する。勝負の3Rはいきなりヴィレンテが、相手の指が右目に入ったとアピールして中断する。再開後、右ハイを蹴り込んだヴィレンテだが、距離が遠い。オーソから左右のローを蹴り込むラーキンも、サウスポーから右ジャブを連続で伸ばすが、クリーンヒットはない。

左ジャブ3つから、続けて放った右がヴィレンテの顔面を捉えたラーキン。手数は圧倒的にラーキンが多い。ヴィレンテのシングルレッグを苦もなくディフェンスしたラーキンのジャブが相手の顔面を襲う。

互いにスーパーマンパンチを放つも、距離が甘くヒットはない。残り45秒を過ぎ、距離をコントロールするラーキンに対し、懸命にローを蹴り込むヴィレンテ。残り10秒で切ってラーキンがダブルレッグでテイクダウンを奪い、試合はタイムアップに。2R、3Rと奪い返したラーキンがMMA12連勝を飾った。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Movie