この星の格闘技を追いかける

【It’s Showtime】グローエンハート、終局間近の挽回でV

2011.06.12

<77キロ級/3分3R>
マルセル・グローエンハート(オランダ)
Def.判定
エロール・コニング(オランダ)

オープニングマッチに組まれたのは、バダ・ハリやメルヴィン・マヌーフのいる、マイクスジムに所属するマルセル・グローエンハートと、手足が長いエロール・コニングの対決だ。グローエンハートは、トレードマークのソフトモヒカンをカットしての登場となった。

1R、サウスポーのグローエンハートに、コニングはローキック。グローエンハートは左ストレートを伸ばすと右アッパーを見せる。コニングの狙いはローキックか。左ボディから右ローキックを効果的に入れるコニング。グローエンハートは、ミドルキックからストレートを叩きこむが、コニングを崩せない。

サウスポーに構えるコニングは、左ストレートを受けると、もつれて倒れたときにヒザ蹴りをもらい、頭頂部から出血、ドクターチェックが入るも、再開後、左ミドルキックを入れる。対するグローエンハートは前へ出てパンチを打っていくが、強烈なミドルキックを入れたコニングが、やや有利のまま、初回が終了した。


2R、左ミドルキックを効果的に使うコニング。グローエンハートは、前へ出てパンチを打っていくが、ディフェンスを崩せない。空振りが目立つグローエンハートだが、それでも左ボディから右ハイキックを見せる。コニングは、構えを左右にチェンジして翻弄。ミドルキックを決め、グローエンハートに主導権を握らせない。グローエンハートは、ときおりパンチを入れるが、単発になりがちに。コニングは左右のローキックを確実に決めるも、右、左とグローエンハートがパンチを放ち、このラウンドも終了となる。

3R、左ミドルキックを蹴るコニング。グローエンハートは、パンチを放つが空振り。コニングのミドルキックがボディへ炸裂、グローエンハートは、接近してパンチを打つがガードを崩せない。コニングはヒザ蹴り。グローエンハートは、右フックを放つも力がなく、コーナーに追いこんでパンチをラッシュするが、逃げられてしまう。左ボディを決めるグローエンハート。コニングは、やや失速し、バランスを崩す場面が目立つ。判定は微妙なところとなったが、勝者はグローエンハートに。最終ラウンドの挽回が大きく影響したようだ。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie