この星の格闘技を追いかける

【It’s Showtime】クロウスコイ、チャクリキ魂で勝利

2011.03.27

<70キロ契約/3分3R>
エウゲニー・クロウスコイ(ロシア)
Def.Unanimous Decision
アンドレ・グリゴリアン(ベルギー)

地元のアンドレ・グリゴリアンが、チャクリキジムで練習しているロシアのエウゲニー・クロウスコイと激突した。

1R、左右に構えをチェンジさせながらクロウスコイは、左右のローキックを打っていく。グリゴリアンもパンチの連打からローキックを決める。バックキックを放つクロウスコウイ。ハイキックで攻撃し、揺さぶりをかける。グリゴリアンも負けてはいない。右ストレートをヒットさせ、相手に主導権を握らせない。


2R、ワンツースリーとパンチをつなぐクロウスコイ。グリゴリアンは、前へ出てパンチを連打。これをかわしたクロウスコイは、バックキックからパンチをラッシュ。幾度もパンチが顔面を捉えるが、崩しきれない。グリゴリアンも飛び後ろ回し蹴りで迎え撃つが、クロウスコイの方が手数で押している。時折、グリゴリアンの左フックが入る。それでも怯まないクロウスコイ。こらがチャクリキ・スピリットか。

3R 、前へ出るクロウスコイ。ローキックが有効に決まる。グリゴリアンは、飛びヒザ蹴り、パンチのコンビネーションと攻め立てる。だが、クロウスコイはパンチをもらっても、怯まない。どんどん前へ出て潰しにかかり、バックキック、ハイキックと追い込む。

グリゴリアンは、下がってしまうところが印象を悪くしてしまうか。勝負はほぼ互角ながら、パンチを食らっても前へ出るクロウスコイの方が、優勢な印象を残しタイムアップ。結果、判定でクロウスコイの勝利。チャクリキのスピリットでモノにしたファイトだった。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie