この星の格闘技を追いかける

【Glory15】コーベットのカリフラワーが割れ、サキが決勝へ

<ライトヘビー級ワールドT準決勝/3分3R>
グーカン・サキ(トルコ/2位)
Def.1R2分35秒 by TKO
ネイサン・コーベット(豪州/8位)

イスタンブールのファンの大きな声援を受けるサキは、まずは右ローを放っていく。コーベットは右ローから左ミドル、サキは左ローを返す。コーベットは左フックから右ストレートを受けてコーナーに下がり、さらに左ボディを受ける。サキは左ボディ、右ハイを見せ、左フックを打ちこむ。コーベットの左ハイをスウェイしたサキ、ならばとコーベットは左ジャブをダブルで繰り出す。左ボディを効果的に打ち込むサキの右フックをブロックの上から受けたコーベットの動きが鈍る。さらに右ローを見せた際に左フックを被弾したコーベットが右耳の辺りを抑えて、レフェリーにインターバルを要求する。と、コーベットのカリフラワー化した右耳から大量の流血が見られ、ドクターチェックへ。ドクターの指示を受けレフェリーが試合をストップし、サキのトーナメント決勝進出が決まった。

PR
PR

関連記事

Movie