この星の格闘技を追いかける

【Strikeforce】ババル勝利も、コールはブーイングに――

011_Robbie_Lawler_vs_Renato_Sobral<195ポンド契約/5分3R>
ヘナート・ババル(ブラジル)
Def.3R終了/判定
ロビー・ローラー(米国)

【写真】ゲガール・ムサシに敗れ、王座を失ったババルが195ポンド契約試合で復帰するも、微妙な判定勝利にコールはブーイングに変わった (C) Esther Lin/Strikeforce

ケージ中央に陣取るババルは、前に出てきたローラーに組みつき、ケージに押し込んでいく。ババルの腰を押し、ヒザを受けないようにするローラー。レフェリーがここでブレイクを命じ、距離を取ると、続いて両者の拳が交錯する。

ジャンピングニーを見せたローラーは、そのまま組みつくが、ババルが押し返してきたところで、自ら離れる。ババルの右に、右を返すローラー。両者ともやや振りが大きい。右ローから組みついたババルはここでテイクダウンに成功するが、ローラーはすぐに立ち上がり左ハイを見せる。バランスを崩し、倒れたローラーは、ババルに攻撃の隙を与えずスタンドへ戻る。ババルは右ミドルから左フックを放ち、距離を詰めるとヒザを突き上げる。


再びローラーをケージに押し込むババルだが、すぐに距離を取り、直後にローラーの左がヒットする。2R開始直後にも前に出て左右のパンチを振るうローラーは、ババルのシングルレッグで片足を掴まれても、パンチの勢いを緩めない。思わず足を外して、距離を取ったババルだったが、ローラーのプレッシャーに思わずケージを背にしてしまう。

ババルの右ハイをキャッチしたローラーは、その足を振り払い、あくまでも打撃戦を望む。ショートレンジでローラーが左、右を放つと、ババルはミドルで対抗する。互いに単発の攻撃が多い中、右を放ちつつ前に出てきたババルを、ローラーの右が捉える。場内にババル・コールが起こり、2Rが終了となった。

3R、前に出るローラーにババルは首相撲からヒザを狙う。ローラーが右を見せると、ババルはシングルレッグを仕掛けるが、テイクダウンには至らない。ローラーの右を受け、一瞬、体を硬くしたババル。ハイとローを放つものの、間合いはローラーのものに。場内は再びババル・コールが起こり、ババルの右ハイとローラーのパンチが交錯する。

左ハイから左右のフックを繰り出すローラーは、積極性でババルを上回る。ババルも前蹴りを見せるが、その後が続かない。右から左をヒットさせたローラーは、右ジャブを連打で放っていく。前に出るローラーに対し、ケージ際を回るババル。残り20秒となり、ババルが前に出るがローラーのパンチを嫌がり、すぐにステップバックする。ババルが右ミドル、ローラーが右ストレートを出したところで、最終回が終了した。

ジャッジの裁定は三者とも29-28でババルに凱歌が上がるも、ババル・コールに沸いていたはずの場内にはブーイングがこだまする。195ポンド契約ウェイト戦、勝っても負けても、ネクストストーリーが見つけ辛い試合は、体重が重いババルの勝利という結果に終わった。

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Triforce Online Jiu-Jitsu

Gokikai Karate

ONEday