この星の格闘技を追いかける

【WSOF09】首系subで攻めたヌネスが、スプリット勝利を掴む

Nunez def ugulubgov

【写真】ドゥグルバゴフのテイクダウン狙いをネルソンで切り返し、アナコンダチョークへつなげたヌネス。ここからまたネルソンに戻し、首系の攻めで印象を良くしたか(C)MMAPLANET

<ライト級/5分3R>
ジョナサン・ヌネス(米国)
Def.2-1:28-29、30-27、29-28
オジー・ドゥグルバゴフ(米国)

ヌネスが蹴り足を掴んで組みつくと、ドゥグルバゴフが体を入れ賭かえる。直後にヌネスが四つ組みからテイクダウンを奪うが、すぐにドゥグルバゴフも立ち上がりケージに押し込む。果敢にテイクダウンを狙うドゥグルバゴフだが、ヌネスも耐える。ケージ際でテイクダウンの攻防が続き、ドゥグルバゴフが大内刈りから、ダブルレッグの連係でテイクダウンを奪う。ヌネスはケージに背中をつけて身体を起こし、フロントチョークへ。頭を抜いたドゥグルバゴフは一旦をトップを取るも、足を取ってアキレス腱固めへ。ヌネスも足を抜いて立ち上がるが、すぐさまドゥグルバゴフがダブルレッグでテイクダウンを奪い初回が終了した。

2R、ここもドゥグルバゴフがタックルでテイクダウンを狙う。しかし、がぶったヌネスがネルソンからトップを取り、アナコンダチョークを仕掛ける。そのまま一気に絞り上げる。耐えるドゥグルバゴフも身体を起こしてダブルレッグへ。そのままケージに押し込んでテイクダウンを奪う。ここでもギロチンを狙うヌネス。頭を抜いたドゥグルバゴフがバックに回り込み、そのままバックキープする。ヌネスはドゥグルバゴフを前に落とすようにしてスタンドへ。すぐに前に出ていくが、組みついたドゥグルバゴフがダブルレッグでテイクダウンを奪う。

3R、ドゥグルバゴフが右アッパーと左ミドル。パンチに合わせて組みついたヌネスがドゥグルバゴフの身体を持ち上げてテイクダウンを奪う。ハーフガードからヒジとパンチを落としつつ、フロントチョークを狙うヌネス。ドゥグルバゴフも足関節を仕掛けて、ダブルレッグで組みつく。テイクダウンを奪われたヌネスも首を持って首投げのように強引に上のポジションを取ろうとするが、ドゥグルバゴフがバックに回り込む。最後はドゥグルバゴフがバックキープした状態で試合終了となった。首系サブミッションで攻めたヌネスとテイクダウン&ポジショニングで優位に立ったドゥグルバゴフ、判定は2-1と割れてヌネスに軍配が上がった。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Road FC45

HEAT41

Movie