この星の格闘技を追いかける

【RFA13】チディがヒースリーの脊髄にヒジ、ノーコンテストに…

<ウェルター級/5分3R>
クリス・ヒースリー(米国)
NC 1R3分31秒
チディ・ンジョグアニ(米国)

7勝1敗のヒースリーと10勝4敗のチディの対戦。身長&リーチで大きく優るチディが圧力を掛け前に出ていく。ヒースリーはシングルレッグを切られる。まるで1階級は違うかのような両者だが、ヒースリーはパンチを振るいながら距離を詰めて生みつくと、片足を取って大きく払いテイクダウンに成功する。ハーフからギロチンを見せたヒースリーはクラッチを解いて、エルボーを落す。そのままアームロックを狙ったヒースリーは、これも自ら技を離してエルボーへ。直後にキムラを仕掛けると、チディはショーツを掴んで耐えるがレフェリーが見落とす。

残り2分、バックに回ったヒースリーはRNCを仕掛けるも、足がフックできておらず立ち上がったチディが前方に振り落す。上体を起こし足に組みついたヒースリーが、ケージにチディを押し込む。チディはここで脊髄付近へ垂直に近い角度でエルボーを落す。そのまま前方に崩れたヒースリーは立ち上がることができない。5分が過ぎて仰向けで寝転がったままのヒースリー、周囲が起き上がらせようとしても今度は腹這いになって立てない。いつまで経っても裁定が下らないが、ヒースリーが試合続行不可能なのは明らか。ようやく担架が持ちこまれ、ヒースリーがケージを去ることとなり、結果はノーコンテストに。チディの反則負けでも良い、試合だった。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie