この星の格闘技を追いかける

【PXC42】K太郎、カマチョの強打&TD防御の前に敗れる

2014.03.01

<ライト級/5分3R>
フランク・カマチョ(北マリアナ諸島)
Def.3-0
中村K太郎(日本)

PXC初参戦のK太郎が松本光史をKOしたこともあるカマチョと対戦。サウスポーのK太郎に対し、左右のフックを見せるカマチョ。K太郎の右に右フックを合わせてダウンを奪う。必死にカマチョにシングルで組みつくK太郎はケージまで押し込み、テイクダウンを狙いながらバックへ。スタンドでバックキープする形となり、結果両者は離れる。スタンドに戻るとジャブで距離を測って左ストレートにつなげるK太郎。カマチョはそれをディフェンスしてすぐさま右ストレート。K太郎が左ストレートから組みつくが、切ったカマチョは首相撲からヒザ蹴りをボディに突き刺す。離れたK太郎はジャブで距離を取る。そこに左フックをかぶせるカマチョ。K太郎もカマチョの右の蹴りに左ストレートを合わせる。

2R、左フックで飛び込むカマチョ。K太郎はそこにダブルレッグを合わせてケージへ。バックを狙うが、カマチョも正対してそれを許さない。距離が離れるとK太郎がジャブを突き、ダブルレッグに入ってバックを狙う。カマチョも立ち上がってバック・テイクダウンを許さない。しつこくシングルレッグに入るK太郎だが、ここもカマチョは倒れず。逆にK太郎を突き放したカマチョが左右のフックとアッパーを突き上げて攻勢に出る。

3R、ジャブを伸ばして前に出るK太郎。カマチョは右フックと右ヒジを返す。組みついてテイクダウンを狙いたいK太郎だが、カマチョが首相撲でK太郎をコントロールしてヒザ蹴りを突き刺す。ジャブ、ワンツーのK太郎。しかしカマチョの返しの左フックがヒットする。何度もダブルレッグからテイクダウンを試みるK太郎だがカマチョは倒れない。試合がスタンドに戻るとカマチョの右がヒット。最後はカマチョがノーガードでK太郎に打ち合いを要求する。このまま試合終了となり、K太郎は判定負け。PXC初戦を勝利で飾ることはできなかった。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

TF ONLINE

ONE DAY