この星の格闘技を追いかける

【UFC169】堀口の代役・マルチネス、ガス欠響き判定で敗れる

2014.02.02

<フライ級/5分3R>

クリス・カリアソ(米国/9位)

Def.3-0: 29-28, 29-28, 29-28

ダニー・マルチネス(米国)

ランク9位のカリアソは、当初の予定では堀口恭司と対戦予定だったが、負傷欠場によりアライアンスMMAのマルチネスと対戦することに。右ハイを見せたカリアソに対し、左右のフックから組みついたマルチネスがケージに押し込んでいく。脇を差し、ここの凌いだカリアソは右ハイと右ローは素早く放っていく。対して、マルチネスはフックで対応するし、思い切り拳を振るう。

フックからテイクダウン狙いを続けるマルチネスだが、カリアソは譲らずオーバーフックからヒザを入れる。マルチネスは左ボディフックからフックの連打を放って距離を取り直す。右ハイを続けるカリアソ、マルチネスは徹底してフックから組みついていく。残り70秒、ついにカリアソに尻餅をつかせることに成功したマルチネスは、立ち上がられても執拗にダブルレッグを続け、リフトアップからスラム。カリアソのオモプラッタを防いだマルチネスが、執念でポイントをもぎ取った。

1Rは取ったがスタミナが気になるマルチネスに対し、カリアソが左ローを入れる。マルチネスはフックを振り回し、左がカリアソの顔面を掠める。ローからパンチを伸ばすようになったカリアソ、マルチネスは肩で息をしてフックを振るうが組みには行かなくなる。それでも1分半が経過し、フックの連打から組んでカリアソをケージに押し込んだマルチネスは、組んでも腰が高くなってくる。

右ジャブから左ストレートを伸ばすカリアソが、右ハイにつなげる。右ミドルから右ストレートを受けたマルチネスは、ここでもフックから組んでいく。マルチネスが強引に力で尻餅をつかせるも、カリアソはケージを使って立ち上がる。シングルで押し込み続けるマルチネス、レフェリーもブレイクを掛けずにいると、残り10秒を切って尻餅をもう一度着かせることには成功した。

3R、思い切りフックを振り回すマルチネスだが、カリアソには届かず、ローから右ジャブを受ける。それでもフックの連打で前に出るマルチネスは、フックを打ち込んでから組んでいく。距離を取り直した両者、カリアソはキックをキャッチされてテイクダウンを奪われる。カリアソはケージ際に移動してスタンドに戻るも、ケージに詰められた状態が続く。

ヒザ蹴りか体を回して、距離を取ったカリアソ。右ハイをブロックの上から蹴り込む。蹴りをブロックして前に出たマルチンスは、フックを連打で放つ。何とかスタミナを持たせているマルチネスは、カリアソの攻撃をブロックしてフックから前に出る。マルチネスのフライングニーは距離が合わず、試合はタイムアップに。結果、カリアソは29-28で判定勝ちを収めたが、もう少し工夫の欲しい試合内容だった。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

TF ONLINE

ONE DAY