この星の格闘技を追いかける

【DWTNCS S02 Ep04】パラシコスがシーズン2人目の判定勝ち、ミセッチに絶妙のキックボクシング見せる

<フェザー級/5分3R>
リッキー・パラシコス(米国)
Def.3-0:30-27.29-28.29-28
トビー・ミセッチ(米国)

パラシコスが右ローからワンツーを伸ばす。ミセッチも左ローを返し、左ストレートをヒット。やや緩いが大きなパラシコスがクリンチアッパー、離れたミセッチは左ミドルを入れる。その左ミドルを捌いてロー、右ミドルを蹴るパラシコスが手数でミセッチを上回る。ミセッチの左に右を合わせたパラシコスだが、ケージ際で左を受ける。

ここで攻め気に出たトビーだが、右のカウンターを被弾し腰が落ちる。パラシコスは攻め急ぐことなく、距離をキープして戦った。

2R、左を中心にスピードアップを図るミセッチ。ローの距離から踏み込んでパンチ、そして右ミドルを有効に使うパラシコスに対し、ミセッチが飛びヒザを繰り出す。ミセッチに指を水平に伸ばすなと注意が入り、再開後にパラシコスが右オーバーハンド、ミセッチは左ストレートに試合を託すように多用する。

その左をケージ際で当てたミセッチに対し、パラシコスが右ローと右ミドルで追撃を許さない。ミセッチは距離をつめ左を当てるが、やはり蹴りで続く攻撃を遮断されてしまう。それでも左オーバーハンドをカウンターで当てたミセッチは、前に出る姿勢と手数がこの回を取り返したか。

最終回、パラシコスもよりインに入り右ボディを打ち、左を顔面に当てる。足払いを仕掛けたミセッチは、立ち上がった直後に左を当てる。蹴りからジャブの距離で戦うようになったパラシコスは、右こんで右ボディ、さらに右エルボーを繰り出す。右ボディに続き、右ミドルを効かされたミセッチの動きが止まる。

腹を守り、スタンスがより前屈みになったミセッチに対し、パラシコスは右ハイを狙う。何とかブロックしたミセッチは、息を整ったか上体を起こす。残り1分、KO狙いのラッシュを掛けることがなかったパラシコス、ミセッチは最後の勝負とばかり前に出て左を振るう。これを受けないよう戦ったパラシコスは、今シーズン18試合中2人目の判定による勝者となった。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

TF ONLINE

ONE DAY