この星の格闘技を追いかける

【ACB71】マウスピースを吐き出すフチンから、セニンスキが判定勝利

<ライトヘビー級/5分3R>
カロル・セニンスキ(ポーランド)
Def.5-0:29-27.29-27.29-27.29-28.29-28
マキシム・フチン(ロシア)

左ジャブを伸ばすフチンが、右から左を狙う。セニンスキも左ジャブを繰り出し、右を当てる。フチンは距離を詰めてショートアッパー、嫌がったセニンスキが距離を取り直す。右クロスからアッパーを狙ったフチンは、リーチの差に臆することなく前に出る。セニンスキも右アッパーを入れる。近づくとショートアッパーを繰り出すフチンが、ワンツーからスリーを素早く入れる。セニンスキも右を狙うが、距離を外したフチンが直後にクリンチへ。セニンスキが押し返し、パンチを狙ったが空振りとなった。

2R、やや遠目の距離のボクシングマッチが続き、セニンスキが前蹴りを繰り出す。セニンスキの右に左フックを被せて行ったフチンだが、右を被弾しマウスピースを吐き出しそうになる。左を受けてマウスピースを吐き出すフチンは、疲れたか。セニンスキは右ストレートを当てるなど距離が合ってきたか。それともフチンが避けられなくなったのか。セニンスキ優勢のラウンドとなった。

最終回、手数が戻ったフチンが、右を被弾しつつもショートアッパーを返す。フチンの右目の下をカットしたとのことでドクターチェックが入る。再開後、パンチの応酬が激しくなりセニンスキがヒザ蹴り、そしてアッパーを連打する。殴りながら組んでいったフチンを押し返し、ジャブを当てるセニンスキの急所にフチンのローが当たり、試合は中断される。

再開後、フチンはまたもマウスピースを吐き出しそうになり、右ストレートからショートアッパーを被弾したところでタイムアップに。結果、セニンスキが判定勝ちした。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie