この星の格闘技を追いかける

【UFN117】アイポークで流れが変わるも、キッチリ倒して阿部――UFC初陣で判定勝ち

<ウェルター級/5分3R>
阿部大治(日本)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
イム・ヒョンギュ(韓国)

阿部はまず左ローを蹴る。イム・ヒョンギュのローを避けて、左ロー。イム・ヒョンギュが左から右を伸ばす。ワンツーを待ち受けて、右を放つ阿部。続いて左フックを放つ。イム・ヒョンギュの前進に右カウンターを当てた阿部だが、左を被弾する。ローに右を入れた阿部は長身のイム・ヒョンギュの圧に負けない。しかし、イム・ヒョンギュも右ストレートを当てる。

殴られても下がらないのが阿部だ、踏み込んで右を振るっていく。左を当てて距離を取ろうとするイム・ヒョンギュに対し、阿部は右を打ち込んでくるところに右を当てる。イム・ヒョンギュのパンチは遠く、踏み込んできたところに当てる阿部の威力の方が優っている。

さらに右フックに続き左を入れた阿部が、攻勢に試合を進める。左フックを被せ、前出でワンツー、阿部が熱くなりすぎることなく初回を取った。

2R、右目の下が腫れて、左目尻をカットしているイム・ヒョンギュを左の蹴りで牽制する阿部は右ミドル、続いて左フックを当てる。さらに左ジャブから前に出たところで、イム・ヒョンギュが左の指を伸ばし、これが目に入った阿部にマットにしゃがみ込む。ドクターのレフェリーへの伝達がうまくいかず、再開されそうになる場面で時間をおいて阿部は、ドクターとレフェリーの話を打ち切って試合を再開させる。

直後にダブルのジャブから右を当てた阿部は、踏み込みに右を合わされて動きが止まる。続いてイム・ヒョンギュが右ストレートをヒットさせる。左にも右を受けた阿部は、視界が気になる。前に出てパンチを受ける阿部は左ローを連続するように。そこに右を狙うイム・ヒョンギュだが、ここは空振りとなる。

しかし、続く左ローに右を合わされた阿部は腰が落ちそうになる。それでも終了直前に右を打ち込み、イム・ヒョンギュに手をマットにつかせた阿部だが、アイポークが流れを変えこの回は落としたか。

最終回、阿部は左ローを蹴り、イム・ヒョンギュの右オーバーハンドが耳の後ろに当たる。前に出て左ジャブを受けた阿部は、打ってその位置に留まらないイム・ヒョンギュを捉えることが難しくなっている。明らかに左目の不具合が影響しているとしか思えないが、イム・ヒョンギュがショートのワンツーを入れる。さらにワンツーを当てたイム・ヒョンギュは左フックもヒットさせる。

攻め過ぎず距離をコントロールするイム・ヒョンギュを阿部の拳は捉えることができなかったが、残り20秒で右をかわして右を打ち抜きダウンを奪う。シングルに出たイム・ヒョンギュにパウンドを当てて離れた阿部は、最後にテイクダウンを奪いタイムアップに。

逆境を跳ね返した阿部はUFC初陣で勝利し「こんな朝早くから、僕のためにたくさんの応援ありがとうございます。最初は前足を潰してからパンチで勝負しようと思ったのですが、距離が作るのが上手くて、最後まで見る感じになってしまいました。カウンターの練習をしていたので、タイミングに合わせて当てました」と勝利を振り返った。


PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie