この星の格闘技を追いかける

【TUF25】CB・ダラウェイがエド・ハーマンを下し、3年2カ月振りの勝利

<ライトヘビー級/5分3R>
CB・ダラウェイ(米国)
Def.3-0:29-27.29-27.29-28
エド・ハーマン(米国)

ファーストコンタクト、思い切り右フックを当てたハーマン。直後に組んだダラウェイがテイクダウンに成功する。腕十字を防いでパンチを落とすダラウェイに対し、ハーマンがもう一度アームバーを仕掛ける。ダラウェイはここも腕を抜いて、わき腹にパンチを落とし、顔面にエルボーを入れていく。ハーマンはヒザ十字も潰されサイドを取られる。ダラウェイは殴られつつ立ち上がろうとしたハーマンを崩して殴ると、ボディロックから背中をつかせる。

一度は立ち上がったハーマンをケージ中央方向に倒し、思い切りパンチを入れダラウェイはハーフ&頭を跨いだ状態で強引にアームロックを仕掛ける。これを防ぎシングルに出たハーマンだが、ボディロックで倒され上を取れないまま初回が終了した。

2R、ダラウェイのローに右を合わせるハーマンだが、右ハイを顔面に受ける。蹴って来いよと頬を叩いたダラウェイは右ローに右を当てる。バランスを崩したダラウェイだがすぐに立ち上がるも、今度はローに左を合わされダウンを喫する。再度を許したダラウェイがヒールへ。腹ばいになり足を抜いたハーマンが、パンチを落としてトップを取る。

アメリカーナ狙いのハーマンは、シングルに来たダラウェイを潰し一旦立ち上がる。足を払ってパウンドを入れたハーマンが右エルボー、ダラウェイは足関節からリバーサルを決めたところでこの回が終わった。

最終回、ダラウェイは左ジャブを当ててダブルレッグ。頭を抱えたハーマンからテイクダウンを奪う。両者疲れが見えるなか、ハーマンはサイドを取られた状態でキムラへ。前転し、キムラクラッチを支点に上を取りきったダラウェイが右エルボーを顔面に入れる。背中をベタッと付けたハーマンに引き続きエルボーを連打する。オモプラッタを防いだダラウェイのエルボーを被弾し続けるハーマンはクローズドで固め立ち上がる素振はない。最後のヒザ十字を狙い上を取りかけたハーマンは、逆転を狙いポジションでなくサブミッションを取りにいく──が、これを防がれ万事休す。

CB・ダラウェイが3年2カ月振りの勝利を手にした。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Road FC45

HEAT41

Movie