この星の格闘技を追いかける

【Glory31】コンゴロがスプリットでグレゴリアンを退け、決勝はマイクス・ジム対決に

<Gloryウェルター級挑戦者決定T準決勝/3分3R>
ヨアン・コンゴロ(スイス/2位)
Def.2-1:30-27.29-28.28-29
ハルート・グレゴリアン(ベルギー/7位)

ジャブから右ローを入れたコンゴロ。グレゴリアンは右ボディ&ヒザ蹴りを蹴り込む、首相撲からヒザを放つグレゴリアンはガードを固めてブロックに徹すると、一転してパンチとヒザで攻撃に。コンゴロも右フックとヒザを返し、中間距離で激しくパンチを交錯させる。コンゴロは右ボディフック2発、その後もボディからアッパーを打ち込むと、右の相打ちで打ち勝つ。左ヒザからフック、後ろ回し蹴りを決めたコンゴロ。ヒザは当たるがパンチが粗くなったグレゴリアンは初回を失ったか。

2R、序盤から激しくフックを打ち合った両者。続いてヒザを蹴り合い、グレゴリアンが左フックからヒザを決める。コンゴロは右アッパーとローを当てると、グレゴリアンの後頭部ホールドに注意が与えられる。近距離でパンチを交換する両者、この接近戦でグレゴリアンのヒザが効果的になる。しかしグレゴリアンはホールディングで注意を受け、終盤にコンゴロがパンチで盛り返した。


最終回、グレゴリアンが左右のミドル、コンゴロは後ろ回し蹴りを繰り出す。パンチからクリンチという展開、そして接近戦のフックの打ち合いとなるも両者揃って決定打はない。と、フックを空振りに態勢が乱れたグレゴリアンにコンゴロがボディフックを連打し、後ろ回し蹴りへ。動きが落ちたように見えたグレゴリアンは思い切りフックを振り回し、スピニングバックフィストをよける。残り1分ボディからローで前に出たコンゴロは、ブレイク後に、後ろ回し蹴り。グレゴリアンはラフに前に出ていったが、最後までクリーンヒットはなかった。

結果、ジャッジの裁定はスプリットとなりコンゴロが決勝進出。マイクス・ジムのチームメイト=グローエンハートと決勝を戦うこととなった。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie