この星の格闘技を追いかける

【UFN89】ジョジョ・カルダーウッドがレターノーに回転バック肘、ボディへのフロントキックでTKO勝ち

<女子フライ級/5分3R>
ジョアン・カルダーウッド(英国 ※ストロー級12位)
Def.3R2分51秒by TKO
ヴァラリー・レターノー(カナダ ※ストロー級5位)

気が付けば始まっていたという感じの女子フライ級──ワンツーから左ハイを繰り出したレターノー。さらに右フックから組んでダーティボクシング、ジョジョは押し返していくがケージに詰められ右ボディ、右フックを入れられる。体を入れ変えたジョジョはアウトサイドトリップでテイクダウンに成功する。レターノーは腕十字を狙うが、腕を抜いたジョジョがパウンドを落としていく。

レターノーは蹴り上げから立ち上がり、ジョジョの左ミドルに右を被せていく。と、ジョジョのスピニングバックエルボーをモロに被弾したレターノーが腰から崩れる。パウンドの追撃をガードワークで防いだレターノーだが、エルボーを落とされる。スタンドに戻ったジョジョは左前蹴りから右ストレート、レターノーも右を返す。ジョジョは右フックからエルボーを決め初回を取った。

2R、スロースターター返上で初回を取ったジョジョはレターノー推しのファンの声援の中で右ストレートをヒット。さらに縦ヒジから右アッパーを狙う。左前蹴りを顔面に当てたジョジョのペースで試合は進む。3分を切ってテイクダウンを決めたジョジョにレターノーはキムラクラッチ。これを解いて立ち上がることを選択する。

残り80秒、試合がスタンドに戻るとレターノーが左ミドルを決める。しかし、続く左ミドルをキャッチされてテイクダウンを奪われてしまう。ガードからエルボーを入れるレターノーに対し、ジョジョは立ち上がってローを蹴っていく。最後の20秒でレターノーが立ち上がるも、ジョジョは後ろ回し蹴りでラウンドを締めくくった。


最終回、レターノーはローを連続で受けながら左ハイを返す。ジョジョも二段蹴りで左ハイを見せると、右ストレートを打ちこんでスッと角度を変え反撃を受けない。組みに行ったジョジョは時間を稼いで自ら離れる。と左の前蹴りでレターノーが顔をしかめて動きを止める。顔面に前蹴りを受けたレターノーは、ファイティングウェアの胸の部分を気にして動きを止める。それまでも何度か、同じ部分に触れていたレターノーは集中力も切れてしまったか。

続くボディへの前蹴りで背中を見せてケージに下がったレターノーに追い打ちのパンチ、スピニングバックエルボーを放つと、レフェリーが試合を止めた。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Movie