この星の格闘技を追いかける

【KSW32】ロシア×ポーランドの新鋭対決は、ガムロがピラエフを鉄槌葬

<ライト級/5分3R>
マテウス・ガムロ(ポーランド)
Def.2R3分21秒 by TKO
マリフ・ピラエフ(ロシア)

23歳、13勝1分のピラエフと24歳で9勝0敗のガムロの新鋭対決は、ピラエフの左ローでスタート。サイドキックを見せたガムロは、続いて左ミドルハイを放っていく。サウスポーの構えから右の蹴りを多用するガムロが、跳び前蹴りを繰り出す。オーソに戻してパンチから、ガムロが低い姿勢でテイクダウンを決める。ピラエフはハーフガードからフルガードに戻す。ハイガード気味のピラエフに対し、ガムロが足を一本抜く。ハーフからエルボーを落とすガムロ、ピラエフはバタフライガードからケージに背中をつける。一旦は背中をつけさせられたが立ち上がったピラエフはケージに押し込まれながら、大内刈りでガムロに尻餅を着かせる。ガムロが起き上がったところで初回が終了した。

2R、プレッシャーを与えるピラエフが左フックも、間合いを外したガムロが右を被せる。続く局面で右フックを打ち込むとピラエフがダウン。しっかりとガムロがトップをキープする。ガムロが鉄槌からパンチを連打すると、ピラエフがガードに戻す。構わず担ぎから鉄槌を連続で落としたガムロ、ピラエフが動けなくなり試合が決した。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Arzalet

Road FC43

Movie