この星の格闘技を追いかける

【RFC24】佐藤、ミンウとのスクランブル合戦に競り負ける

Kim-Min-Woo【写真】ミンウ(右)がスクランブルで強さを見せた(C)MMAPLANET

<バンタム級/5分2R>
キム・ミンウ(韓国)
Def.3-0
佐藤将光(日本)

小刻みにステップしてジャブ、ロー、左ミドルを飛ばす佐藤。ミンウも左フックから距離を詰めてバックブローを狙う。佐藤が右ストレートで前に出たところで組みの攻防になり、佐藤がクリンチアッパー、ミンウがヒザ蹴りを入れる。一旦距離が離れると、ミンウが飛び込むような右ストレート。佐藤も右アッパーから組みつくが、ミンウがケージに佐藤を押し込んでテイクダウンを仕掛ける。これを切ってボディにヒザ蹴りを入れる佐藤。ここで佐藤の足先がミンウの急所に当たり、試合が一時中断される。

再開後、右ミドルを蹴って前に出るミンウ。佐藤は右ストレートを狙いつつ、距離が詰まると首相撲からヒザ蹴り。ミンウもヒザ蹴りを返し、離れ際に右ハイキックを蹴る。打撃の交換から再び首相撲の攻防になり、佐藤がボディにヒザ蹴りを突き上げると、今度はモロにミンウの下腹部を直撃。ミンウはその場に大の字に倒れたまま立ち上がることが出来ず、ドクターがケージ内に入って治療を施す。長時間のインターバルがあった後、佐藤にイエローカードが提示されて再開となった。

左フック・左ミドルのミンウ。佐藤は右ストレートを狙いつつ、再開前と同じように首相撲からヒザ蹴りを入れる。距離が離れるとミンウが佐藤のミドルをキャッチして、そのままケージに突進。足をかけてテイクダウンを狙うが、佐藤がバランスよく上を取り、立ち上がるミンウの首を取ってフロントチョークを狙った。

2R、すぐに距離を詰めて首相撲の攻防に持ち込む両者。ミンウがヒザ蹴り、佐藤がアッパーを放つ。打撃→首相撲→離れるという展開が続く中、ミンウが佐藤のローをキャッチしてテイクダウン。立ち上がろうとする佐藤のバックに回り込んでRNCを狙う。何とか腕を外す佐藤だったが、ミンウが佐藤の動きに合わせてマウントポジションを奪い、佐藤の足関節を潰してインサイドガードでトップキープする。

佐藤もケージ際まで移動して背中を見せて立ち上がる。ミンウにバックを預けたままアームロックを狙うが、ミンウもすぐに正対する。距離が離れると今度は佐藤がパンチからタックル、切ったミンウが首相撲からヒザ蹴りを入れる。足を止めて打ち合い、互いに右アッパー・左フックを入れる両者。しかし最後も組みついたミンウが佐藤の後ろに回り込んでしつこくテイクダウンを狙う展開で終了。2Rのバックキープを含め、TDとトップキープで差をつけたミンウが佐藤を判定で撃破した。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie