この星の格闘技を追いかける

【UFC FOX13】イェンジェチック、2&3RにTD許すもスプリット判定拾う

<女子ストロー級/5分3R>
ヨアナ・イェンジェチック(ポーランド)
Def.2-1:29-28,29-28,28-29
クラウジア・ガデーリャ(ブラジル)

左ジャブを伸ばすイェンジェチック。カデーリャは右ストレートを打ち込み、左フックを狙う。指が目に入ったとアピールするカデーリャは、そのまま試合を続けイェンジェチックに組みついていく。ケージに押し込み、左腕を差し上げるアウトサイドトリップを仕掛けるもイェンジェチックが耐える。続く試みでテイクダウンに成功したカデーリャが肩固めからマウントへ。肩固めを外し、抑えにかかるがイェンジェチックが足を戻し背中をケージにつけて立ち上がる。

ボディにヒザを入れ、ダブルレッグで押し込むカデーリャ。これを耐えたイェンジェチックが体を入れ替えて、左エルボーを顔面に入れる。さらにボディにヒザを突き上げて離れたイェンジェチックが、前蹴りから右ストレート、左ジャブ、続く右アッパーでダウンを奪う。ここでラウンドが終了したが、カデーリャの足下はおぼつかない様子でコーナーも間違えるほどダメージを受けていた。

2R、パンチから組んだカデーリャは、ダブルに移行してテイクダウン。起き上がり際にバックを伺うも、イェンジェチックは右腕を入れて抵抗する。カデーリャは正面に回り、執拗にテイクダウンを狙うが、イェンジェチックが腰を低く落してディフェンス。態勢を入れ替えて距離を取り直す。イェンジェチックは左ボディフック、続いて左フックを入れる。カデーリャも連打で前に出るが、精度はイェンジェチックが高い。残り1分20秒でカデーリャがテイクダウンに成功する。ケージ際に移動したイェンジェチックが立ち上る。腰に手を回し、振り回すようにテイクダウンを狙ったカデーリャが2Rを取り返したか。

最終回、頭が当たったかカデーリャの左眉の下が大きくカットする。ここでドクターチェックが入るが試合は再開する。パンチでラッシュを掛けるカデーリャが組んでテイクダウンに成功する。これまでと同じようにケージ際まで移動したイェンジェチックが立ち上がろうとするが、カデーリャが腰をコントロールして、もう一度倒す。小手を巻くイェンジェチックの顔面にパンチを入れたカデーリャは腰をコントロールして、ここでもテイクダウン。残り1分を切って立ち上がったイェンジェチックは、離れて打撃戦を挑むも明確な判定はないままタイムアップへ。レフェリーが両者を別けるが、カデーリャが右のパンチを入れてしまう。結果はスプリットでイェンジェチックに軍配が上がったが、2Rと3Rはカデーリャのラウンドだったのではないだろうか。

PR
PR

関連記事

Movie

大会予定(現地時間)

JBJJF ALL JAPAN