この星の格闘技を追いかける

【UFC FOX04】右の上段突き一閃!リョートが一撃必倒のKO勝利

<ライトヘビー級/5分3R>
リョート・マチダ(ブラジル)
Def.2R1分32秒 by KO
ライアン・ベイダー(米国)

シンゾー・マチダ、そしてホジャー・グレイシーをセコンドにつけたリョートは、独特の構えで距離を測る。左ローを見せたベイダーも、距離を取って慎重な立ち上がりに。関節蹴りから、左前蹴りを放ったリョートは、スイッチするとベイダーが距離を詰める。再びサウスポーに戻したリョートは、ベイダーの前進をスウェイでかわす。ベイダーもまた、その場に立ち留まらず、リョートの脇をすり抜けていくように移動する。

リョートの左ローがヒットするが、試合はまだ動きを見せない。ベイダーの前進に左ヒザを合せたリョート。右の突きを2発見せて、左前蹴りを繰り出す。ベイダーの左に左を合わそうとしたリョートは、右の突きをヒットさせる。ベイダーは得意の右を振るうが、空振りし続いてヒザをボディに受ける。手を前後し、ベイダーを混乱させるリョートは再び前蹴りでボディを蹴り抜く。続く左ハイは空振りに終わったが、左ミドルからストレートを放ったリョートが、手数で初回を取った。

2R、まずはリョートが左ローを放つ。ベイダーは組みつくことも、効果的なパンチも見せることができない状態が続く。右足前のオーソという変則的な構えも見せるリョートは、オーソドックスの構えから、前に出てきたベイダーに右の上段突き一閃。この一発でベイダーは大の字になり、リョートが一撃必倒の空手の理論をMMAで実践してみせた。

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Gladiator

Gokikai Karate

ONEday