この星の格闘技を追いかける

【LegacyFC29】ドゥリーニョ&ガルシア、試合無し。デニスが王者に

2014.03.22

<Legacy FCライトヘビー級王座決定戦/5分5R>
マイラン・デニス(米国)
Def.2-1:49-46, 49-46,47-48
ポール・ブェンテーロ(米国)

右ローを放つデニス、ブェンテーロは右フックを見せる。ブェンテーロの左ローに、デニスも左ローを返す。素早いデニスのワンツーをスウェイでかわしたブェンテーロは、右ハイをブロックして距離を詰めていく。そのブェンテーロの右ストレートは空振りとなったが、続く左からのワンツーでデニスが下がる。残り2分、ブェンテーロがショートレフト、アッパーなどを繰り出す。デニスの左フックをかわすも、自らの左フックも届かないブェンテーロ。続く左でデニスの動きが乱れ、右ストレートを打ち込む。デニスは右ボディストレートを返したが、初回はブェンテーロのモノとなったか。

2R、デニスは右をヒットし距離を詰めるも、ブェンテーロがアッパーを打ち返す。ブェンテーロは右ボディ、さらに左ボディと腹を攻めてから右ストレートを伸ばす。組んだデニスは、自ら距離を取り直す。リズムを変えたいデニスだが、ブェンテーロが常に前に出て手を出す展開で主導権を取られたまま試合が進む。ブェンテーロはローに右を合わせ、左から右とコンスタントにパンチを打ち込む。ボディから顔面、攻撃を続けるブェンテーロに対し、ついにボディで動きが止まったデニス。ブェンテーロは無理せず、ダブルの左ジャブを続ける。

そこから右ストレート、ショートアッパーに繋げるブェンテーロ。デニスが左を返すが、2Rもブェンテーロがモノにした。3R、デニスが右ローを蹴り込み、右ストレートをヒットする。初回の終盤以外、完全に打撃の展開オンリーとなった試合は、間合いを外すデニスをブェンテーロが追いかけるという展開が続く。ブェンテーロのショートアッパー、ショートフックのコンビが決まる。デニスが左ジャブから、ワンツーを綺麗に打ち抜く。と、ブェンテーロは右ストレートで反撃、ボディから顔面を狙う。デニスの蹴り足を掴み、ボディ、エルボーをケージ際に放つブェンテーロ。デニスは右ミドルから右ストレート、ワンツーで反撃に移る。

マウスピースを吐きだしたブェンテーロ、ブレイク後ワンツーからアッパーのコンビネーションで逆に攻勢を握る。残り20秒、近距離の打ち合いを左ジャブで制したデニスは、残り10秒を攻め続けることなく自ら間合いを外した。

4R、疲れが目立ってきたブェンテーロだが、インターバル中に息を整え前に出る。左ジャブとサークリングを繰り返すデニスを、徐々に捉えるのが難しくなってきた。ローにワンツーを合わされたブェンテーロだが、右を返す。ブェンテーロはワンツーをヒットさせる。ガードを固めるデニスのハンドスピードは落ちない。肩を入れる構えでフットワークを駆使するデニスは、スイッチを繰り返すも手数が少ない。間合いを外すデニスを追いかけるブェンテーロ。このまま4Rが終了した。

最終回、デニスが中間距離で攻撃を仕掛けると、ブェンテーロのワンツーが顔面を襲う。ここにきてもジャブ主体のデニスに、ブェンテーロは再びワンツー、ショートアッパーを放つ。と、デニスの右ローで動きが一瞬止まったブェンテーロ。ただし、デニスはローを続けない。ブェンテーロが左ストレートを打ち込み、左ハイから右ストレートで前に出る。残り1分、ブェンテーロは縦ヒジまで見せる。疲れたように間合いを外したデニスが、残り20秒を切って前に出るが、ブェンテーロがシングルレッグでテイクダウンを奪い5Rが終了した。

ボクシングで間合いを外し、鋭いパンチを見せたデニスだが、余りにも手数が少なかったか。シングルでテイクダウンを奪い、この試合がMMAだと思いださせてくれたブェンテーロは、最後まで手を出し続けた。しかし、結果はスプリットとなり、何とデニスに凱歌が挙がる。優秀なボクシングを見せれば、ポイントで有利に立てる――そんな米国MMAのジャッジを改めてみた気がしたが、ブェンテーロも最終5Rのように組みを使い切り崩す必要があったか。いずれにせよ、ボクシングならディフェンスや間合いを外すことが評価されるような試合であったことには違いない。

なお同イベントで出場が発表されていたジルベウト・ドゥリーニョの出場はなく、メインでLegacy FCフェザー級王座防衛戦を行う予定だったレオナルド・ガルシアの試合もキャンセルとなり、そのガルシアがケージ内でプロボースするという一幕だけ見られた。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie