この星の格闘技を追いかける

【UFN95】エリック・シウバ、目には目を歯には歯を――のダウン合戦でRNC極める

<ウェルター級/5分3R>
エリック・シウバ(ブラジル)
Def.3R3分57秒by RNC
ルアン・シャガス(ブラジル)

当初の予定では日本の安西信昌と対戦予定だったシャガスは、安西の負傷欠場を受けてシウバとブラジリアン対決に。左ジャブを伸ばすシウバが、右オーバーハンドを振るう。シャガスも素早い左ジャブを伸ばすが、シウバが右ミドルを蹴りこむ。サウスポーのシャガスに右ミドルを続けるシウバに対し、シャガスはオーソを織り交ぜ蹴りにも右から強烈な左フックをヒットさせダウンを奪う。

ケージを背に立ち上がったシウバに、シャガスは後ろ回し蹴りを狙い、蹴りにワンツーを合わせていく。シウバは左ジャブを入れるも、右を被弾。スイッチを繰り返すシャガスとの距離が測れない模様だ。ヒザ蹴りから前に出たシャガスは左ハイも見せる。蹴りが減ったシウバだがシャガスのダブルレッグをスプロールし、左ハイをダッキングでかわすと  右フックで逆にダウンを奪う。思い切りパウンドを落とすシウバが最後の攻撃でラウンドをモノにしたか。

1R、シャガスの左ローが急所に入りシウバが中断を要請する。再開後、即スクランブルの攻防になるとバックを狙ったシャガスにシウバが胸を合わせてトップを奪取する。シャガスのデラヒーバ・ガードを潰したシウバが、右の重いパウンドを落とす。シングルを狙ったシャガスにダースからバックを伺うシウバ。シャガスは後方回転からガードに戻り立ち上がると、左アッパーでダウンを奪う。

左エルボーを連打するシャガスは亀になったシウバからバックマウントを奪取。RNCを仕掛け、マウントに移行するとエルボーを続ける。シウバは何とか足を戻し、ハーフから潜るもこれをまたいだシャガスがパスからサイドへ。再びマウンドを取ったシャガスは腕十字を仕掛ける。腕を抜いたシウバがトップを取り、パウンドを入れていく。パス狙いから逆にバックに回ったシウバが右腕を足で制してRNCをセットアップ。直後にラウンド終了となった。

最終回、両者慎重に距離を取るなか、シウバが左ジャブを伸ばす。シウバの左ミドルを被弾しながらキャッチしてシングルに出たシャガスがダブルに切り替えてケージに押し込む。すぐにブレイクが掛かり、シウバが左ボディフックを入れる。シャガスのスピニングバックフィストをかわしたシウバが左ジャブを続け、右ハイを繰り出す。

左ジャブから右ストレートを入れたシウバだが、右フックを受けて間合いを取り直す。シャガスは前に出てヒザ蹴りも、スタミナが切れており攻撃を続けることはできない。そこに左ジャブを2発入れ、右ストレート、そして右アッパーを入れたシウバにシャガスはテイクダウンを狙う。これをかわされたシャガスは、自爆したようにマットにヒザをついてしまう。シウバは背中に乗って両足をフック、RNCへ。瞬く間にシャガスがタップしタフファイトは決した。


PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie