この星の格闘技を追いかける

【UFN79】ナム・ウィチョル、根負け。フック&TD合戦でデラトーレに敗れる

<フェザー級/5分3R>
マイケル・デラトーレ(米国)
Def.2-1:29-28.29-28.28-29
ナム・ウィチョル(韓国)

開始早々にテイクダウンを狙ったナム・ウィチョルは、これがならないと思い切りフックを振るっていく。デラトーレも呼応し、足を止めての打ち合いに。ここはデラトーレが打ち勝ち、腰が落ちたナム・ウィチョルが組みに転じる。しかし、ケージに押し込まれヒザを連続で腹に突き上げられる。それでも思い切り左右のフックを振るうナム・ウィチョルに、デラトーレが逆に組みに。デラトーレが離れると、ナム・ウィチョルが組んでドライブ。金網際で体を入れ替えあう両者、ヒザの蹴り合いからデラトーレがカカトを蹴りこむ。

ブレイクが掛かると、両者は再びロングフックの打ち合いに。またも組みに行ったデラトーレ、左目を大きく腫らしたナム・ウィチョルは厳しい局面を打ち合いで凌いだ。

2R、ワンツーからナム・ウィチョルが組みつくがここもテイクダウンを奪えない。となると、両者揃って離れてロングフックの応酬に。タイミングを計ったようにデラトーレがテイクダウンを狙う。今度はナム・ウィチョルが耐え、レフェリーが即ブレイクへ。パンチの打ち合いからテイクダウン狙いと展開が続き、右を入れたナム・ウィチョルがシングルレッグへ。デラトーレは切りながら、エルボーを入れる。両者、同じようにテイクダウンを奪えないまま試合は最終回を迎えることとなった。

3R、ナム・ウィチョルの左ロングにデラトーレが右ハイを合わせる。続く右オーバーハンドにもハイキックを見せたが、ナム・ウィチョルがキャッチしてテイクダウンへ。尻餅をついたデラトーレが立ち上がり、ナム・ウィチョルのダブルレッグを切る。徹底してテイクダウン狙いを繰り返すようになったナム・ウィチョルだが、これは打撃を逃げたと判断されるか。

残り3分を切り、クリンチの攻防にレフェリーがブレイクを命じる。期せず館内にナム・ウィチョル・コールが鳴り響く。そのナム・ウィチョルは左ミドル2発、そして真っ直ぐ飛び込んだテイクダウン狙いを切られる。ケージ際の組み合いを許さないレフェリー、ウィチョルの右にデラトーレが左をショートで合わせる。頭を下げて拳を振り回すようになったナム・ウィチョルの攻撃は空を切るばかり。逆にコンパクトなパンチを入れたデラトーレは、最後の左を入れて試合終了を迎える。

結果、スプリットでデラトーレに軍配が挙がり、韓国のファンはブーイングはなかった。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie