この星の格闘技を追いかける

【UFC94】オブライエン勝利も、消極展開にブーイング

2009.02.01

4c1fbddc■第2試合ヘビー級/5分3R
ジェイク・オブライエン(米国)
Def.3R終了/判定2-1
クリスチャン・ウェリッシュ(米国)

【写真】消極的な試合展開にブーイングも起こったが、オブライエンがウェリッシュを下した (C) ZUFFA

試合開始早々、左フックから右クロスをヒットさせたオブライエンが、ウェリッシュからダウンを奪う。テイクダウン狙いのウェリッシュを押しつぶしたオブライエンは、インサイドガードからパウンドを落とし続ける。そのまま大きな動きがないと、ラウンド終了1分前にブレイクがかかり、試合はスタンドからリスタートとなった。


バックを許したウェリッシュは、前転してエスケープをすると、パンチのラッシュへ。組みついてきたオブライエンをヒップトスで投げようとしたウェリッシュだったが、すっぽ抜けトップを奪われる。

2R、スタンドの展開が続く中、ウェリッシュは何度もテイクダウンを試みるが、目的を達成することができない。一方のオブライエンも、距離を詰めることがなく、平坦な試合に。ウェリッシュのテイクダウン狙いをかわし、反対にケージに詰め込んで倒すことに成功したオブライエンだが、ウェリッシュのクローズドガードを解き、すぐに立ち上がってしまった。

左から右をヒットさせたウェリッシュだが、手打ちで威力がなく、再び両足タックルでテイクダウンを許してしまう。また、ラウンド終了間際に左ハイからパンチをヒットさせたウェリッシュだが、オブライエンの動きも少なく微妙なラウンドとなった。

最終ラウンド、前に歩を進めるウェリッシュ。待ちかまえてパンチを振るうオブライエンだが、その精度は低い。ここでテイクダウンを狙ったオブライエン、ウェリッシュはスイッチからケージを背にして立ち上がり、再び打撃戦へ。一度はテイクダウンを許したウェリッシュだが、すぐにスタンドへ戻り、積極的にパンチを放つ。

互いにクリーンヒットがないまま、最終回も残り2分となり、距離を詰めたウェリッシュが首相撲からヒザを狙っていく。と、ここでもオブライエンはテイクダウンを狙うが、ウェリッシュがスイッチから立ち上がる。

パンチで攻めたいウェリッシュは、歩を詰めるたびにテイクダウを奪われ、立ち上がる展開が続き攻勢点を稼ぐことができない。そのまま、オブライエンのテイクダウン狙いをがぶって阻止したところで、試合はエンドアップを迎えた。

判定は2-1でオブライエンに。テイクダウンを何度も成功させていただけにまっとうな判定ではあるが、観客がブーイングを送るのも理解できる消極的な試合展開だった。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Movie