この星の格闘技を追いかける

【UFC MACAO】間合いをキープできなかった漆谷、無念の判定負け

2012.11.10

<第2試合 フライ級/5分3R>
ジョン・リネケル(ブラジル)
Def.3-0:29-28、30-27、29-28
漆谷康宏(日本)

ますは右ローを見せるリネケルが、2度、3度と蹴りを放っていく。前蹴りを余裕を持ってかわした漆谷は、右ローへ。前に出てきたリネケルから距離を取った漆谷だが、前に出たところで左フックを受けそうに。ケージに詰められながらも、左に回り距離を取り直した漆谷は、自らオクタゴン中央に陣取り、リネケルのボディに向け、ヒザを繰り出す。

ヒザを出して、パンチをかわす、作戦通りに戦う漆谷はテイクダウンのフェイントも見せる。直後にリネケルのボディを2発受けた漆谷は、完全にリネケルの距離にはさせない大人のファイトを展開するも、漆谷の左ハイをブロックするリネケルは目もいいファイターだ。

リネケルの前進に被せる右をヒットさせた漆谷だが、直後にジャンプするように蹴りを見せかけ、着地したところで左フックを受け、危ない展開に。すぐに距離を取り直した漆谷だが、ヒヤッとさせられた終盤だった。

2R、後回し蹴りをヒットさせたリネケル。漆谷には、ややダメージが残っているか。左ストレートを伸ばしたところで、右を受けそうになる。漆谷は左ミドルを見せるが、ケージに詰められ左フックを被弾する。テイクダウンのフェイントから、右を放つ漆谷。館内はブラジル・コールで、リネケルをサポートする。

ケージに詰められ、足を止めての打ち合いに持ち込まれた漆谷は、何とか体を反転させ距離を取り直す。ヒザにもパンチを受けそうになる漆谷、右ローをヒットさせるが、続く右は空振りに。目を突かれたとブレイクを要求した漆谷だが、館内は大きなブーイングを送る。

再開後、リネケルのボディを受け、流れを断ち切ることができない漆谷だが、左の相打ちからヒザ、右を伸ばしていく。リネケルは強烈な右ローを見せると、2度、3度と右足を蹴り上げられた漆谷は左フックも被弾してしまう。

最終回、左ミドルを思い切り蹴り込む漆谷だが、右フックを受けてダウン。すぐに組みつきに行き、打撃戦に戻ると右を受けつつも右を返す。右を伸ばしたところに、ワンツーを受けるなど、漆谷はリネケルの勢いに飲みこまれそうになる。

テイクダウンとのフェイントで、左を伸ばした際に頭が激しくぶつかる。フェイントから左ハイ、さらに右を打ち込んだ漆谷だが、飛び蹴りが中途半端な形になりパンチを受ける。

背を向けて距離を取ろうとした漆谷は、回り込まれるように後からパンチを受ける。距離を取り直しても、ワンツーを受ける漆谷は、組みつかれた状態で左を顔面に打ちこまれ、顔を真っ赤に染める。

残り1分、逆転には打ち合うしかなくなった漆谷だが、被せる右フックは空を切る。このままタイムアップとなり、間合いをキープし続けることができなかった漆谷は、判定0-3で敗れた。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie