この星の格闘技を追いかける

【WEC38】完成度高まるバレンシア、危なげなく判定勝ち

2009.01.27

b7e2aa88■第1試合 バンタム級/5分3R
チャーリー・バレンシア(米国)
Def.3R終了/判定
セス・ダイクン(米国)

【写真】豪快なリフトでテイクダウン&ポイントを奪ったバレンシア。蹴りも加わり、今後は要注意だ (C) MMAPLANET

グレコ&打撃が強く、ウェービングからのパンチ攻撃には定評があるバレンシア。この試合では、それらの得意分野に加え、蹴り技を使いこなすという進化を見せた。ダイクンも決して打ち負けることなく、反撃を試みるが、ここ一番でバレンシアの豪快なリフトでテイクダウン&ポイントを奪われてしまう。

2Rも同じようにバレンシアのペースで進み、ダイクンのスタミナが消耗を始める。迎えた最終ラウンド、左ミドルをきかせたバレンシアは、そのままテイクダウンに成功すると、マウントを奪取。試合は判定にもつれ込んだが、問題なくバレンシアがダイクンを下した。

「3Rまで長引くと思わなかった、くそッ!」と自らに合格点を出せなかったが、蹴りの加わったバレンシアには要注意が必要だ。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie