この星の格闘技を追いかける

【UFC FOX13】スタミナ切れからの乱打戦、ドスサントスが踏みとどまる

<ヘビー級/5分5R>
ジュニオール・ドスサントス(ブラジル/2位)
Def.3-0:49-46,49-46,48-47
スタイプ・ミオシッチ(米国/4位)

ノヴァウニオンで練習をするようになったドスサントスが、まずは右ストレートをヒットさせる。ミオシッチは組みに行きケージにドスサントスを押し込む。体を入れ替えたドスサントスにシングルレッグを仕掛けたミオシッチはこれを切られてもアッパーを狙う。ここで距離を取った両者、ドスサントスが右ボディストレートから、大きく振りかぶったオーバーハンドを空振りする。

ミオシッチはフックを打ち込み、ドスサントスが背中を見せて距離を取る。再び間合いを取り直した両者、ミオシッチが左ジャブから組みつくもドスサントスが切る。ドスサントスは左フック、ミオシッチがケージ際でワンツーを入れる。背中を見せて距離を取ったドスサントスにミオシッチが右フックを連続で入れる。残り1分、ドスサントスの右ストレートは届かない。距離を詰めたミオシッチがサークリングで左へ回るドスサントスに右フックを打ち込む。終盤、左ショートをダブルで決めたドスサントスだが、初回はミオシッチのラウンドとなったか。

2R、ドスサントスの左フックをよけてテイクダウンを仕掛けたミオシッチ。これは防がれたが、続いてシングルからドスサントスをケージに詰める。体を入れ替えたドスサントス、ミオシッチは回り込んで離れる。ドスサントス左ジャブから右を伸ばすも、パンチの出所が分かりやすい。ミオシッチの左ジャブを受けたドスサントスのパンチが大きくなる。打撃戦で不利なドスサントスは、いつの間にか顔面を真っ赤に染めている。

クリンチから離れ際にフックを打ち込んだミオシッチは、逆にケージに押し込まれ逃げようとして左フックを被弾する。さらに左ボディフックを入れたドスサントス、ミオシッチは右ストレートからショートの左フックを返す。残り30秒テイクダウンを許したドスサントス、すぐに立ち上がったが気持ちも体力も削られてきたか。

3R、ジャブの相打ちに下がるドスサントスは、シングルを潰してバックを伺うも、自分から離れてしまう。左ジャブから右フック、左ボディを繰り出すドスサントスに対し、ミオシッチのパンチが今度は大きくなる。ドスサントスが左右でボディを狙う。ミオシッチもこの回に入り、動きが落ちてきたか。ミオシッチがフックを振るいながら前に出たところで、ドスサントスの左フックがカウンターでヒットし腹這いに崩れ落ちる。パウンドを受けながら起き上がったミオシッチが、拳を返すとドスサントスが間合いを取り直す。

残り1分、スイッチを繰り返すドスサントスがボディ、右フックを放つ。反応が悪くなったドスサントスは、ボディを重ねて受けてオーバーハンドがアゴ先を掠める。両者疲れて動きが悪くなるなか、ドスサントスがラウンドを取った。

4R、開始直後にミオシッチの左ミドルが急所に入り、一時試合が中断する。再開後、ミオシッチがシングルでテイクダウンを狙うも、ドスサントスが切って打撃の距離に。ドスサントスは細かく構えを変えるが、手数は両者揃って圧倒的に少なくなる。と、ドスサントスが右ストレートアッパーを空振りし、ワンツーを入れる。ミオシッチも右フックで逆襲に出ると、右を受けたドスサントスが体を振ってケージに詰まる。しかし、ミオシッチは疲労困憊で決めにいくことができない。残り1分で大外刈りを決めたドスサントスがテイクダウンに成功する。ミオシッチはスイッチから立ち上がるが、やはり疲労困憊の様子で金網に詰められパンチを被弾し4R終了を迎えた。

最終回、ドスアンジョスは右ボディ。パンチを返すミオシッチだが。当たらない。テイクダウンも切られたミオシッチはひとつひとつの攻撃から勢いがなくなってしまっている。お互い、最後の気持ちを切らせずに拳を出し、パンチを被弾する展開のなか、残り90秒となり、ドスサントスが右をクリーンヒットする。直後のクリンチから残り時間を見やったミオシッチ。組みに来るミオシッチにボディを連続でいれたドスサントス。ミオシッチも飛び上がるように右フックを入れるも、ドスサントスが逆襲に出てケージ際で体を入れ替えワンツーを打ち込む。試合終了直前にミオシッチが右ストレートをヒット、最後はドスサントスが首相撲からヒザを見せたところで試合終了。

スタミナ切れから、殴り合いの根性ファイトを展開した両者、結果は3-0でドスサントスの勝利となった。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

TF ONLINE

ONE DAY