この星の格闘技を追いかける

【Pancrase292】初回落とした井島が、2&3R取り返し前山下す

<ストロー級/5分3R>
井島裕彰(日本)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
前山哲兵(日本)

左フックを振るいローを蹴った井島、前山もローを返す。パンチから組んだ井島、離れた前山はミドルをキャッチされアキレス腱固めを仕掛けられたが、抜いてトップを奪取する。左のパウンドを落とした前山に対し、井島も下からエルボーを入れる。右腕を差して煽る井島は、スイープはすかされるがスクランブルでバックへ。前山は井島を前方に落としながらスクランブルに持ち込んで逆にバックを取り、バックマウントへ。井島が胸を合わせにくると前山は腕十字、極まらないとみるとハイガードを取る。肩を押し込んだ井島、前山も立ち上がり初回が終了、ジャッジ3者が前山のラウンドとした。

2R、右の突きから左を蹴った前山、井島は左ミドルをキャッチしてテイクダウンに成功する。トップから殴る井島、前山はケージ際から逃れられない状態が続く。井島がパンチを続け、前山は立ち上がるスペースを作れないで頭を抱えに行ってしまう。

残り時間2分、クローズドが続く前山は三角狙いも担がれてマウントを許す。腕十字を狙いつつパンチを入れた井島、最後の最後に前山はケージを蹴って脱出を図った。この回は当然のように10-9で井島のラウンドとなった。

最終回、ローを蹴り合う両者、井島は左フックから左アッパーを振るう。前山は右ロー、組みに行った井島、ここからスクランブルとなり、この展開は前山も弱くない。離れた両者、右から左を前山が入れる。井島も左を打ちながら前に出ると、ダブルレッグでテイクダウン。前山はクローズドを取る。

蹴り上げでパスを許した前山は、ケージを蹴るがバックを譲りかけ、正対しても引き込んで下を選ぶ。左のパンチを落とす井島に対し、前島は腰を抜くが立ち切ることができずバックを奪われる。両足をフックした井島が、勝利へ盤石のバックマウントを完成。このままタイムアップとなり、井島が3‐0の判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

TF ONLINE

ONE DAY