この星の格闘技を追いかける

【TTF Challenge04】初回のピンチ切り抜けた小島が逆転勝利

Kojima vs Yoshida【写真】初回を失った小島だが、2&3Rを取り返し判定勝ちを手にした(C)TAKUMI NAKAMURA

<フライ級/5分3R>
小島壮太(日本)
Def.3-0:29-28, 29-28, 29-28
吉田イサヲ(日本)

ケージ際の組みの中でテイクダウンを奪った吉田が、すぐにバックマウントへ。RNCを仕掛けると、背中の乗り方を修正しつつ絞めを狙う。小島は一旦は立ち上がるもヒザをついて、吉田を落としにかかる。小島は落としながら鉄槌を落とし、バックマウントから逃れる。終盤は足関節の取り合いを経て、ラウンドが終了した。

2R、組んで吉田をケージに押し込んだ小島だが、首投げで投げられる。そのままバックを伺う吉田に対し、小島は絡まれて足を抜きに掛かって、反転。そのまま胸を合わせようとするが、吉田はハイガードから腕関節を狙う。これを防いだ小島が細かいパンチを落とす。吉田は三角を狙うも手首を取ることができない。吉田のヒップスローを潰した小島が抑え込む展開が続く。残り1分もトップをキープした小島が、吉田の三角を潰しラウンドを取り返した。

最終回、小島の左フックをかわして組みついた吉田がケージに押し込んでいく。2Rと同じように首投げを仕掛けた小島に対し、吉田は投げられながら足を頭に絡みつかせる。頭を抜いて起き上がった小島が右フックを打ち込む。ケージに詰まってパンチを振り回す吉田に対し、右フックの精度が上がった小島は金網に押し込まれるがブレイクが掛かる。

左フックをヒットさせた小島、足を止めて打ち合いのなかで吉田が組んでケージへ押し込みダブルレッグへ。ワキを差して粘る小島は、尻餅をつきながらテイクダウンは許さない。吉田はシングルからバックに乗ろうとしたが、前方に落とされパウンドを受ける。最後のヒザ十字狙いにパウンドを入れた小島が、3-0 の逆転判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie