この星の格闘技を追いかける

【UFC144】田村一聖、「オファーは2週間前、人生賭ける」

Tamura22日(水)、東京・渋谷のゴールドジムで行われたUFC144に出場する山本KID徳郁のオープンワークワウトに帯同した田村一聖。突然のオファーで、第1試合出場が決まった田村は、日本のトップファイターが集うYBTで、選手間の評価が非常に高いファイターだ。

【写真】6勝2敗の戦績以上に実力者として名が通っている田村一聖。OFCで勝利を挙げた豪州在住のブラジル人、日本人キラー=グスタボ・ファルシローリに、日本人初白星を挙げている(C) MMAPLANET

この降ってわいたチャンスをものにできるか、気合満点の田村に話を訊いた。

――突然のUFCデビューが決まりました。オファーがあったのは、いつ頃だったのですか?

「ちょうど、2週間前ですね。その1週間ぐらい前に一緒にYBTで練習している選手から『一聖君、UFC出るの?』なんて聞かれたことがあったんですが、『ないです。そんな話。俺が出られるわけないです』って答えていたんです(笑)。

その時点では、全くそんな話は来ていなかったです。本当にオファーをもらったときは驚きました」

――ともあれ、オファーが2週間前に届いた時点で、体重など問題はなかったのですか。

「体重はしっかりと練習しているので、問題はなかったです。夢の舞台なので、全く迷うことなく出場を決めました」


――日本で勝てば、そのまま米国でも戦えるという契約なのですか。

「いや、それは僕の方は全く聞いていないです。とにかく、今回の試合に集中しているので、そういう契約の話などはマネージメントをしてくださる方に任せています」

――田村選手の修斗での試合を見る限り、中国のジャン・ティエチュエンに勝つ力は十分にあると思います。

「いえ、ホント、そんなことないです。人生の全てを賭けて戦います。本当に今回の話をもらって、人生を変えることができるので、ハンパなく気合が入っています。

試合なんで、結果はどちらかしかないのですが、それまでに全てを賭けます」

――対戦相手の試合などは見られましたか? ギロチン一本槍という印象が強いのですが。

「ハイ、何回も試合を見ました。ギロチンは方向も、入り方もパターンが決まっていますね。プレッシャーを掛けてくると思うので、真っ直ぐ下がらず捌いてから攻めたいです」

――11日にマカオでジャン・ティエチュエン選手のチームメイトの試合を見たのですが、凄く成長していました。

「UFCのレベルが高いので、目立っていないだけかもしれないですし。とにかく、どんな局面になっても戦えるようにしています」

――アマチュア修斗でもない、まさかの朝9時半からの試合開始です。

「ハイ、とにかく朝早くから目を覚まして、体がしっかりと起きるように朝型の生活をしています。寝るのが遅くなった日も、朝早く起きるようにしてします」

――このチャンスをもらったのも、今までやってきたことが評価されてのことだと思います。頑張ってください。

「戦績でいえば、僕よりも良い選手、実力的にも強い選手がいます。だから、僕がこの試合で絶対に勝って、日本には強いファイターがゴロゴロいるんだと伝えることができるような試合がしたいです。

ホントに自分よりも良い選手がいたなかで、UFCのチョイスで試合ができるようになった。何を思って、自分が選ばれたのか分からないですが、オファーが来たからには絶対に勝ち上がろうと思っています」

――ある意味、こういうケースでUFCに出て結果が残せればジャパニーズ・ドリームとして、日本の選手のモチベーションにもなると思います。頑張ってください。

「ハイ、ありがとうござますッ。頑張ります」

■UFC144「Edgar vs Henderson」対戦カード

<世界ライト級選手権試合/5分5R>
[王者]フランク・エドガー(米国)
[挑戦者]ベンソン・ヘンダーソン(米国)

<ライトヘビー級/5分3R>
ランペイジ・ジャクソン(米国)
ライアン・ベイダー(米国)

<ヘビー級/5分3R>
シーク・カンゴ(フランス)
マーク・ハント(豪州)

<ウェルター級/5分3R>
秋山成勲(日本)
ジェイク・シールズ(米国)

<ミドル級/5分3R>
岡見勇信(日本)
ティム・ブーシュ(米国)

<フェザー級/5分3R>
日沖発(日本)
バート・パラジェンスキー(米国)

<ライト級/5分3R>
アンソニー・ペティス(米国)
ジョー・ローゾン(米国)

<ライト級/5分3R>
五味隆典(日本)
光岡映二(日本)

<バンタム級/5分3R>
山本KID徳郁(日本)
ヴァグハン・リー(英国)

<ミドル級/5分3R>
福田力(日本)
スティーブ・カントウェル(米国)

<バンタム級/5分3R>
水垣偉弥(日本)
クリス・カリアソ(米国)

<フェザー級/5分3R>
田村一聖(日本)
ジャン・ティエチュエン(中国)

PR
PR

関連記事

Arzalet

Movie