この星の格闘技を追いかける

【UFN158】背中を取っては落とされる展開で、テイシェイラがクリロフからスプリット判定勝ち取る

<ライトヘビー級/5分3R>
グローバー・テイシェイラ(ブラジル)
Def.2-1:29-28.29-28.28-29
ニキータ・クリロフ(ウクライナ)

左ローから右前蹴りを見せたクリロフに対し、テイシェイラが左フックで前に出る。ローをキャッチしてニータップ気味にテイクダウンを奪ったテイシェイラはハーフで抑えて左のパンチを落とす。テイシェイラ体を起こして右のパウンドを連打し、マウントへ。ロールして逃れたようとしたクリロフのバックを制しバックマウントを取る、テイシェイラはパンチを入れるも、腰を起して立ち上がったクリロフが前方に落とした直後にマウントへ。

テイシェイラも背中を見せて起き上り、前方に崩したクリロフにシングルレッグを仕掛ける。切ってバックに回ったクリロフがRNCを仕掛けると、胸を合わせて立ち上がる。蹴りに左フックを合わせたテイシェイラだが、額から流血が見られる。それでも左フックを入れ、右を狙ったテイシェイラが取ったか。

2R、右ローから右ミドルをクリロフが蹴る。右フックを返したテイシェイラのシングルが決まらない。蹴って離れ、右を当てたクリロフはステップを使い、距離を詰めるが左フックを被弾し背中を見せて距離を取り直す。テイクダウンを切り、ヒザを頭部に当てたクリロフがハイへ。ガードしたテイシェイラだが、ケージを背負って一瞬動きが止まる。ここで前に出るテイシェイラは左ボディ、顔面へのパンチの応酬から左ボディをもう一度決める。さらに右ストレートを当てたテイシェイラが、回るクリロフに対し手を広げて不平を表す。追いかけて右ミドルを蹴ったテイシェイラが、ワンツーを打たれても右を返す。クリロフも徹底してテイクダウンを切り、逆にシングルレッグでトップを奪う。ハーフで左のパンチを入れたクリロフがラウンドを取り返したか。

最終回、前に出るテイシェイラが、クリロフのテイクダウン狙いにギロチンを合わせ引き込む。苦し気な表情を見せたクリロフはヒジを押して防ぐと、スクランブルでバックへ。これまでも繰り返し見られた、前方に落とされるシーンが再現されテイシェイラがトップに。クリロフはクローズドガードを取り、テイシェイラが足を抜いてマウント、ロールしたクリロフが前に落とそうとし腕十字に切り替える。

これは極まらずスクランブルの展開になり、クリロフがテイシェイラをケージに押し込む。再びギロチンを仕掛けるテイシェイラは、倒されると同時に絞めへ。体重を掛けられ窮屈な姿勢で絞めを続けることができなかったテイシェイラは、ハーフから潜ってスイープ。背中の乗ろうとしたクリロフを前方に落としてトップを取るとタイムアップとなった。

ジャッジの裁定は2-1でテイシェイラに。「裁定に驚きはない」と語ったテイシェイラに対し、クリロフは首を傾げた。


PR
PR

関連記事

r t One02

Movie