この星の格闘技を追いかける

【WEC44】アルドが圧巻の王座奪取、大沢は無念の敗戦

11月18日(水・現地時間)、米国ネバダ州ラスベガスのパームス・ホテルでは、ズッファのセカンドブランド=WEC44「BROWN vs ALDO」が開催された。

今月14日には英国マンチェスターでUFC105が、21日には今大会と同じくラスベガスでUFC106が行われるズッファ間隙のイベント。そのメインイベントには、フェザー級最高峰の戦い、同級王者マイク・ブラウン×ジョゼ・アルドの王座戦が用意された。

昨年5月、ユライア・フェイバーを破ると、今年の3月にはレオナルド・ガルシア、7月にユライアとの再戦を制し、2度目の防衛戦を迎えるブラウン。対するアルドは、WEC5連勝中で、一試合平均タイムが約2分という秒殺ファイターだ。今年は国内でもフェザー級イヤーとなったが、その締めに相応しい65キロ級最強を決める戦いが、ここに実現した。


だが、そんな注目の一戦も、アルドが変わらぬ強さを見せつけ、僅か2R1分強で王者ブラウンを攻略。ブラウンはまともにテイクダウンを奪うことなくアルドの勢いにのまれた。勝ったアルドは、WEC6試合連続一本勝ちの記録とともに王座を戴冠。次期挑戦者は、年明けに復活を期すユライアなのか、今大会でレオナルド・ガルシアを下したマニー・ガンバーリャンなのか――、現段階では不明だが、強すぎる新王者の登場に、WECフェザー級は新たな局面を迎えることになりそうだ。

また、今大会には、日本から大沢ケンジが出場、グレコローマンをベースとするアントニオ・バヌエロスと対戦したが、こちらは無念の判定負け。WEC戦績を1勝2敗1分とし、念願の勝ち越しには至らなかった。その他にも、この日がWECデビューとなったダレン・ダラベドヤンが、前ライト級王者ロブ・マッカラーを僅差の判定で下す金星を挙げ、シェーン・ローラーはダニー・カスティーリョをリアネイキドチョークで下している。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie