この星の格闘技を追いかける

【UFC105】ライトヘビー級の鉄人は? 公開計量終了

2009.11.14

【写真】8月29日に行われたUFC102以来、約2カ月半という短いインターバルで試合に臨むクートゥアーとベラ (C) ZUFFA

いよいよ明日、14日(土・現地時間)に英国マンチェスターのイブニングニュース・アリーナで行われるUFC105「COUTURE vs VERA」。その公開計量が13日(金・同)に行なわれた。

今回はなぜか、公式計量終了後にステージ上で行なわれるメインイベンターへのインタビューがなかったが、06年2月以来、ライトヘビー級での試合となるランディ・クートゥアーは、対戦相手のブランドン・ベラ(=33歳)以上にバキバキで切れあるボディで登場。使い古された形容の仕方ではあるが、とても46歳とは思えない鉄人ボディを披露した。


【写真】TUF1では、チーム・クートゥアー所属として、ライトヘビー級での参加したスウィック。ウェルター級転向後は無敗をキープしている (C) ZUFFA

また、英国のファン期待のマイケル・ビスピンとダン・ハーディも問題なく計量をパス。ハーディに関しては対戦相手マイク・スウィックと比較すると、身長、肩回り、リーチと明らかに体が小さい。スウィックがギリギリの減量をしているのは明らかで、24時間後のオクタゴンのなかでは、どれだけの体格差になるのか――、気になる計量となった。

■計量結果は下記の通り

<ライトヘビー級/5分3R>
ランディ・クートゥアー:204ポンド(92.5キロ)
ブランドン・ベラ:204ポンド(92.5キロ)

<ウェルター級/5分3R>
ダン・ハーディ:171ポンド(77.5キロ)
マイク・スウィック:170ポンド(77.1キロ)

<ミドル級/5分3R>
デニス・カーン:185ポンド(83.9キロ)
マイケル・ビスピン:186ポンド(84.3キロ)

<ウェルター級/5分3R>
マット・ブラウン:170ポンド(77.1キロ)
ジェイムス・ウィルクス:169ポンド(76.7キロ)

<ライト級/5分3R>
ロス・ピアソン:156ポンド(70.8キロ)
アーロン・ライリー:155ポンド(70.3キロ)

<ウェルター級/5分3R>
ポール・テイラー:170ポンド(77.1キロ)
ジョン・ハザウェイ:170ポンド(77.1キロ)

<ライト級/5分3R>
シャノン・グジェルティ:155ポンド(70.3キロ)
テリー・エティン:155ポンド(70.3キロ)

<ウェルター級/5分3R>
マット・リデル:171ポンド(77.5キロ)
ニック・オシベチェック:170ポンド(77.1キロ)

<ライト級/5分3R>
ポール・ケリー:156ポンド(70.8キロ)
デニス・シバー:155ポンド(70.3キロ)

<ライトヘビー級/5分3R>
ジャレッド・ハマン:204ポンド(92.5キロ)
アレクサンダー・グスタフソン:203ポンド(92キロ)

<ライト級/5分3R>
アンドレ・ウィナー:155ポンド(70.3キロ)
ロナルド・デルガド:156ポンド(70.8キロ)

<UFC Ultimate 100 Greatest Fights DVD>

遂に発売!超豪華8枚組、UFCベストファイト集DVD!収録時間は、驚きの約1600分(26時間)で売り切れ必至!!!
輸入盤8枚組DVD/リージョンフリー

PR
PR

関連記事

Movie