この星の格闘技を追いかける

【Road FC53】計量結果 2年半振りの実戦クォン・アソルに残り80万ドルを賭けてベルナウイが挑戦

Road FC53【写真】クォン・アソルは2016年12月以来、実に2年半ぶりの実戦となる。かなり大柄になっていたが、当然ながらしっかりと体重は落としてきた(C)ROAD FC

17日(金・現地時間)、18日(土・同)に韓国チェジュのハルラ体育館で開催されるROAD FC53の計量が行われた。


ライト級100万ドル・トーナメント・ウィナーのマンスルール・ベルナウイが、ロードFCライト級王者クォン・アソルに挑戦する一戦がメインとなる初のチェジュ島大会。ベルナウイはトーナメント優勝で得た賞金は20万ドル、王者になって初めて100万ドルを手にできることになる。そんな人生が掛かった一戦の前に行われる中韓重量級対決=アオルコロ✖ホ・ジェヒョクの計量結果は前者が163.3キロ、後者が135.9キロで合計299.2キロのマッチアップとなる。

日本から出場し、シン・ドングクとのリマッチに挑むチャンタモ林完など上位3カード出場選手のコメントは以下の通りだ。

クォン・アソル
「クォン・アソルが戻ってきた。明日は本当のクォン・アソルを皆に見せる」

マンスール・ベルナウイ
「本当にエキサイティングな試合をすることを約束する」

Aorigele vs Heoアオルコロ
「ロードFCのケージに戻ってこられて本当にハッピーだ。一生懸命戦って、フィニッシュする」

ホ・ジェヒョク
「このビッグチャンスを与えてもらえて光栄です。明日は死ぬ気に勝ちに行きます」

Hayashi vs Shinシン・ドングク
「チェジュ島の素晴らしいイベントに参加できて光栄です。キム・デファン社長と関係者の皆さんに感謝しています。前回の林選手との試合には後悔しています。今回の試合に向けサポートしてくれた消防士仲間に感謝し、悔いの残らない試合をしたいと思います」

林完
「前回の試合は終わるのが早すぎました。再戦させてもらえることを感謝しています。明日は明確にフィニッシュします」

■ Road FC53 計量結果
<Road FCライト級選手権試合/5分3R>
[王者]クォン・アソル: 70.2キロ
[挑戦者]マンスール・ベルナウイ:70.1 キロ

<無差別級/5分3R>
アオルコロ: 163.3キロ
ホ・ジェヒョク: 135.9キロ

<ライト級/5分3R>
林完: 79.4キロ
シン・ドングク: 70.2キロ

<90キロ契約/5分3R>
イム・ドンファン: 89.4キロ
キム・ティン: 90.5キロ

<バンタム級/5分2R>
パク・ヒョングン: 66.0キロ
ヤン・ジホ: 65.6キロ

■Road FC YoungGungs42

<バンタム級/5分3R>
パク・ソクハン: 61.4キロ
久保健太: 61.7キロ

<フライ級/5分3R>
コ・ギウォン: 57.4キロ
ファン・チャンファン: 57,4キロ

<ウェルター級/5分2R>
ユン・テヨン: 77.1キロ
イム・ビョンファ: 77.4キロ

<女子バンタム級/5分2R>
ヤン・イチョオ: 61.9キロ
ローワン・ピルガー: 60.7キロ

<68キロ契約/5分2R>
シン・ジシュン:67.7 キロ
ジ・ヨンミン: 68.3キロ

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie