この星の格闘技を追いかける

【ONE95】シーソーゲームを制したのは内藤のび太。しつこく組み付きシウバに勝ち越し。

<ストロー級(※56.7キロ)/5分3R>
内藤のび太(日本)
Def.3-0
アレックス・シウバ(ブラジル)

細かいフェイントを入れる内藤と、左のガードを下げてローを打つシウバ。内藤もローを放ちながら、シウバの左足へシングルを仕掛ける。ガブるシウバをリフトアップしつつ、ダブルに切り替えた内藤。シウバは立ち上がるも、内藤はロックをはずさず、引き入れてグラウンドへ。亀になるシウバのバックを狙う内藤だったが、シウバに立ち上がられてしまう。

しかし内藤はしつこく食らいつき、ボディロックのままシウバをコーナーに押し込む。一度シウバに尻もちをつかせ、立ち上がられてもロックははずさない内藤。再びシウバをグラウンドに引きずりこみ、サイドバックをキープする。さらにシウバが正面を向こうとしたところで、内藤は相手をまっすぐロープに押し込んでいく。バックに回った内藤へ、ヒジを当てていくシウバだが、内藤のボディロックははずれない。バックに回った内藤、ラウンド終了間際に細かいパンチを浴びせていった。

2R開始早々、内藤は右フックからシングルへ。シウバはカットしかけるが、内藤は食らいついていく。シウバに背中を着かせた内藤、レフェリーは両者をリング中央へ戻す。再開後、内藤はシウバを押さえ込みながら鉄槌を落とす。シウバはヒップスロー、あるいはギロチンを狙いながら、べリンボロで上へ。内藤もすぐに立ち上がり、試合はスタンド戦へ。

ここでシウバがテイクダウンに成功。内藤はハーフガードで凌ぎ、ガードに戻してから反対に起き上がってテイクダウンを狙う。これをカットしたシウバは、内藤を押しつぶして上へ。いったん立ち上がったシウバ、内藤は相手をコーナーに押し込んで2ラウンドを終えた。

最終R、前に出るシウバがワンツー。内藤がダブルレッグを狙うが、これをカットしたシウバが反対にテイクダウンする。下から足を利かせてリバーサルを狙う内藤だが、シウバも凌いでトップをキープする。シウバはパスを狙いつつ、バック、再びトップへ。内藤はハーフガード。両者立ち上がり、すぐさま内藤がシングルでシウバに尻もちをつかせる。コーナーを背にして、完全にテイクダウンは奪わせないシウバ。

内藤はコーナーから少し離れたところでバックを狙う。肩固めを仕掛けつつ、トップを奪った内藤。起き上がろうとするシウバをコーナーに押し込み、相手を逃がさない。しつこく、しつこく組み付き、シウバに攻撃を許さずに試合終了のゴングを聞いた。

判定はユナニマスで内藤の勝利。内藤にとってはシウバに2勝1敗で勝ち越すとともに、連敗から脱する勝利となった。

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie