この星の格闘技を追いかける

【ONE95】青木真也「タイトルに挑戦する」✖クリスチャン・リー「リングでは感情を捨てる」

ONE95【写真】会見の最後にフェイスオフを行った青木とクリスチャンMMAPLANET

17日(金・現地時間)にシンガポール・インドアスタジアムで開催されるONE95「Enter the Dragon」の公式記者会見が、14日(火・同)に同地のマリナ・ベイサンズで行われた。


Aoki vs Lee同大会のメインで青木真也の持つONE世界ライト級王座に挑戦するクリスチャン・リーは、「シンガポールに戻ってきてONE世界ライト級王座が掛かった試合を戦えて本当に光栄だ。家族、チーム、ONEチャンピオンシップのサポートがなければこの機会を得ることは不可能だった。そして、対戦相手のシンヤ・アオキにこの機会を与えてくれてありがとうと言いたい。シンヤと僕はチームメイトであり友達だ。でも、僕らは真のマーシャルアーチストなんだ。リングでは感情を捨てる。どちらが良いファイターなのか、証明するだけだ。2人揃って、少しでも早くフィニッシュを狙う戦いになることを約束する」と抱負を語った。

続いてマイクを手にした青木は「金曜日、タイトルの防衛戦ではなくタイトルに挑戦します。単純に勝ちたいです。勝って格闘技をまた続けたいと思います」と挨拶。質疑応答で、なぜ若い選手のなかでもクリスチャン・リーとの対戦を望んだのかという質問に対し、「彼がアジアのMMAを背負っていく選手になるということを出会った時から感じていて。自分のキャリアが良い時に1回交わってみたいと思ったからです」と返答している。

なお、会見に出席したMMAファイター──ONE初陣を戦うセイジ・ノースカットと対戦相手のコズモ・アレッシャンドリ、ライト級ワールドGP準決勝で相対するザイード・フセイン・アサラナリエフの意気込みは以下の通りだ。

Sageセイジ・ノースカット
「金曜日にONEで初めて戦えることにワクワクしている。コズモ・アレッシャンドリはとても経験豊かなストライカーだ。この試合のためにハードな練習を積んできたので、金曜日は期待してほしい。そして、いつかONE SUPER SERIESでも戦ってみたい」

Cosmoコズモ・アレッシャンドリ
「16年戦い、ここにいる多くの選手とキックやムエタイで戦ってきた。彼らは私の友人だ。試合をして、友人でることは変わりない。そういうことが人生で一番大切なことなんだ。もう私も37歳で引退も近い、ONEに参戦できて嬉しい」

Dagiザイード・フセイン・アサラナリエフ
「アミール・カーンはショックを受けることになるだろう。このトーナメントで自分の力を見せることができる機会を与えてくれたONEに感謝している」

アミール・カーン
「僕にとって16試合目の試合になる。ダギは本当に強い相手だけど、チーム力で彼を越える。僕らのチームはアジア一だけど、世界一の力があるからね」

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie