この星の格闘技を追いかける

【UFC237】打撃も、ケージ際も、寝技も真っ向勝負。モイゼスがホロボウを突き放し、3-0で勝利

<ライト級/5分3R>
チアゴ・モイゼス(ブラジル)
Def.3-0:30-26.30-26.30-27
カート・ホロボウ(米国)

右ローからワンツーを伸ばすモイゼス、ホロボウも前に出て左右のフック、ローからシングルレッグを仕掛ける。離れたホロボウは右フックで前に。モイゼスはしっかりとガードを固めて右を返す。再びシングルレッグに出たホロボウだがテイクダウンは奪えず、左を放って離れる。モイゼスは直後に豪快にダブルレッグを決め、ギロチンを防いでトップをキープする。枕で抑え、上体を起こして右エルボーを連続で落としたモイゼスは、ワキ差しパスを決める。

腰を押してハーフ、さらにフルガードに戻したホロボウだが、立ち上がることもサブミッションの仕掛けも潰される。右のエルボーを飛び上がるようにして落としたモイゼスが初回を取った。

2R、右クロス、右前蹴りを決めたモイゼス。ホロボウはクリンチからケージに押し込むも、体を入れ替えられる。離れたモイゼスはダブルレッグをここでも決め、トップを奪取。腰を切り、ケージを蹴ったホロボウは三角に移行できず、スクランブルもがぶられてヒザを顔面に打たれる。

しかし、離れたホロボウがボディにショートのフックを連打するとモイゼスの動きが止まる。さらにヒザ蹴りをボディに突き上げたホロボウはモイゼスのテイクダウン狙いを初めてスプロールする。それでもエルボーを当てたモイゼス、ホロボウはボディからフックを打ち込み、終盤の打ち合いを攻勢のままラウンドを戦い終えた。

最終回、右フックを入れたホロボウに対し、打撃の消耗戦のなかでモイゼスが右ロー。この一発でバランスを崩し倒れたホロボウをハーフで抑える。スクランブルでバックに回り、背中に乗ってきたモイゼスを前方に落としたホロボウだが、スクランブルで上を取り切れずダブルレッグで倒される。三角狙いを潰し、パンチを入れたモイゼスは、シングルに来たホロボウに足をフックしないRNCで追い込む。胸を合わせてシングルに出たホロボウは、残り90秒で尻もちをつかせることに成功するが、このままでは判定負けは免れない。

立ち上がったモイゼスがシングルレッグからリフトアップし、テイクダウンで勝負あり。ハーフでエルボー、パンチを連打したモイゼスは最後に鉄槌から、起き上ってパンチのラッシュへ。最後は背中を向けたホロボウを3-0で下した。


PR
PR

関連記事

Martial World

Movie