この星の格闘技を追いかける

【Shooto 30th Anniv.】恐るべき初陣、岡田遼に判定負けのジアン・クラウド・サクレッグ「自信がついた」

Sacleg【写真】生き物として強さを感じさせたサクレッグ、今後が楽しみなファイターだ (C)KEISUKE TAKAZAWA/MMAPLANET

6日(月・祝)に文京区・後楽園ホールで開催されたShooto 30th Anniversary Tour=後楽園昼夜大会。その第1部で修斗✖チーム・ラカイの対抗戦が組まれ、キャリアの差がある対決でもあり修斗が3勝を挙げた。

しかし、殿で出場した環太平洋バンタム級王者の岡田遼がジアン・クラウド・サクレッグに苦戦を強いられた。

散打で世界3位、この日がデビュー戦だったサクレッグは大きなインパクトを残した。そんなラカイのMMAファイター1年生に試合後に話を訊いた。


──この試合がジアン・クラウドにとって、正真正銘のMMAデビュー戦だったとは本当に信じられないです。

01「本当だよ(笑)。僕はこれまでMMAを戦ったことは1度もなかった。今日の試合に関しては、結果は敗北だったから満足はしていないけど、MMAデビュー戦で僕よりずっと経験のある修斗パシフィックリム王者と戦い、まぁまぁできたので……パフォーマンスはそれほど悪くなかったかと思っているよ」

──デビュー戦でチャンピオンと対戦する──今日の一戦に向け、どれだけ自信を持って臨むことができていたのでしょうか。

「自信はあったよ(笑)。相手がチャンピオンでも打撃は僕の方が上だから、KOできると思って日本にやってきた。でも、しっかりと僕の弱点である寝技に持ち込むために、テイクダウンを仕掛けてこられ、そこでやられてしまったね。これからは、その部分を強化していかなければならないね」

──弱点であっても、想像以上のグラウンドの対応を見せていました。

「そうかい? 一応はチーム・ラカイで練習をしてきたけど、今回はあまりにも準備期間が短かった。今日の試合に向けてMMAの練習ができたのは1カ月ほどだったから」

──チーム・ラカイの所属ですし、それ以前からMMAの練習をしていたのでは?

02「確かに僕は2010年からチーム・ラカイには所属しているけど、ずっと散打に専念してきた。だから1月に君がミチノリ・タナカとラカイに来た時も、僕はランニング中に転んで足に擦り傷を負っていたエドゥアルドの技の確認ぐらいしか、寝技の練習をしていなくて」

1月に田中路教がラカイを訪れた際のグループショット。後列一番左がサクレッグ(C)MMAPLANET

1月に田中路教がラカイを訪れた際のグループショット。後列一番左がサクレッグ(C)MMAPLANET

──凄まじいミット打ちは記憶にも新しいです(笑)。

「ずっと散打のためのミット打ちばかりをやっていただろう? あの時もホント、エドゥアルドの打ち込みの相手をしていただけで、僕はまだ散打の練習しかしていなかった。だから……今日は負けてしまったけど、ある意味MMAファイターとしてやっていく自信はついたよ。

きっとMMAでもやっていけるし、修斗のチャンピオンにもなれる。これからしっかりと練習して、次に修斗で戦う機会を得た時にはオカダをぶっ倒すよ。そのためにバギオに戻って、レスリングと柔術の練習に励みたいと思う。もっと準備をして、MMAファイターとしてよりコンプリートになって日本でまた戦いたいと思う。

次はもっと強くなっていることを日本のファンに約束するよ。今回は本当に日本で試合ができて良かった(笑)」

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie