この星の格闘技を追いかける

【Invicta FC Phoenix Rising Series 01】試合結果 変則8人制Tを制したビューレンが新世界ストロー級王者に

Invicta PRS01【写真】初戦を最短時間でフィニッシュした選手が、準決勝の対戦相手を選択できる規定もあり、ビューレンは力不足のコルターをしっかりと決めたことで流れを引き寄せることに成功した(C)DAVE MANDEL/INVICTA FC

Brianna Van Buren3日(金・現地時間)、Invicta FC「Phoenix Rising Series 01」がカンザス州カンザスシティのメモリアル・ホールで開催されワンナイトTを制したブレアナ・ヴァン・ビューレンが新インヴィクタFC世界ストロー級王座に就いた。

魅津希が減量中の体調不良、ジャナイザ・モランジンが計量ミスで欠場し、戦いの火蓋が切って落とされる前に2人の優勝候補が消えたフェニックス・ライジング・シリーズ=ストロー級8人制ワンナイト・トーナメント。

初戦と準決勝が5分✖1Rという変則トーナメントは、補欠戦から昇格したマンジット・コルカーを腕十字で破り勢いづいたビューレンが、テイクダウン能力の高さを武器に、トーナメントをマネージメントした。準決勝でジュリアナ・リマ、決勝で2試合連続タフファイトが続いたケイリン・カーランを破って優勝=ヴィルナ・ジャンジローバがUFC転出とともに返上したベルトをその腰に巻いた。


Invicta FC Phoenix Rising Series 01
<ストロー級T決勝/5分3R>
○ブレアナ・ヴァン・ビューレン(米国)2R3分49秒
RNC
詳細はコチラ
×ケイリン・カーラン(米国)
<ストロー級/5分3R>
○マグダレナ・ショルモヴァ(チェコ)3R
判定
×ケイ・ハンセン(米国)
<ストロー級T準決勝/5分1R>
○ケイリン・カーラン(米国)1R
判定
詳細はコチラ
×シャロン・ジェイコブセン(米国)
<ストロー級T準決勝/5分1R>
○ブレアナ・ヴァン・ビューレン(米国)1R
判定
詳細はコチラ
×ジュリアナ・リマ(ブラジル)
<ストロー級T補欠戦/5分1R>
○アリッサ・クラン(カナダ)1R
判定
×イツォエル・エスキベル(米国)
<ストロー級T準々決勝/5分1R>
○シャロン・ジェイコブセン(米国)1R
判定
詳細はコチラ
×アンバー・ブラウン(米国)
<ストロー級T準々決勝/5分1R>
○ブレアナ・ヴァン・ビューレン(米国)1R3分20秒
腕十字
詳細はコチラ
×マンジット・コルカー(インド)
<ストロー級T準々決勝/5分1R>
○ジュリアナ・リマ(ブラジル)1R
判定
詳細はコチラ
×ダニエレ・テイラー(米国)
<ストロー級T準々決勝/5分1R>
○ケイリン・カーラン(米国)1R
判定
詳細はコチラ
×スンナ・ダヴィッズドッテイル(アイスランド)
PR
PR

関連記事

Martial World

Movie