この星の格闘技を追いかける

【ACA95】試合結果 ACB+WFCA=新ロシアの怪物の穴ACAで3階級の王者誕生

Salamu Abdurakhmanov【写真】初代ACAミドル級王者サラーム・アブドゥラクマノフ(C)ACA

27日(土・現地時間)、ACA95「Moscow」がロシア連邦モスクワの
リボービー・スポルチブニー・コンプリCSKAイミニェ・フセヴォロド・ボブロフで開催された。

大会開催のナンバリングはACBを継ぐ一方で、王座は新設されているACA。

ACAフライ級王者ユノス・エブロエフ(C)ACA

ACAフライ級王者ユノス・エブロエフ(C)ACA

今大会では3階級の王座決定戦が行われ、ミドル級とフライ級はWFCA勢の国際戦となり、前者はサラーム・アブドゥラクマノフがブレット・クーパーを、後者はユノス・エブロエフがジョジエウ・シウバを倒し、WFCAに代わりACAベルトをその腰に巻くことになった。

メインではACBとWFCAウェルター級王者がACA王座を賭けて戦い、ACB王者アルベルト・トゥメノフが、ムラッド・アブドゥラエフを判定で破りチャンピオンとなった。

ACBバンタム級のトップ=オレッグ・ボリソフは、2度ダウンを喫しフランシスコ・マシエウに判定負け、ライト級元王者のエドゥアルド・ヴァルタニャンはジョシュア・アヴェレスに圧勝。注目のユーサップ・ライソフ✖タイガー・サルナフスキーは、サルナフスキーの負傷欠場で行われなかった。


ACA95「Moscow」
<ACAウェルター級王座決定戦/5分5R>
○アルベルト・トゥメノフ(ロシア)5R
判定
詳細はコチラ
×ムラッド・アブドゥラエフ(ロシア)
<ACAミドル級王座決定戦/5分5R>
○サラーム・アブドゥラクマノフ(ロシア)1R2分48秒
アナコンダチョーク
詳細はコチラ
×ブレット・クーパー(米国)
<ACAフライ級王座決定戦/5分5R>
○ユノス・エブロエフ(ロシア)5R
判定
詳細はコチラ
×ジョジエウ・シウバ(ブラジル)
<バンタム級/5分3R>
○フランシスコ・マシエウ(ブラジル)3R
判定
詳細はコチラ
×オレッグ・ボリソフ(ロシア)
<ミドル級/5分3R>
○ベスラン・ウシュコフ(ロシア)3R
判定
×ガジムラッド・ヒラマゴメドフ(ロシア)
<ライト級/5分3R>
○エドゥアルド・ヴァルタニャン(ロシア)3R
判定
詳細はコチラ
×ジョシュア・アヴェレス(米国)
<ミドル級/5分3R>
○マゴメド・イスマイロフ(ロシア)1R2分19秒
TKO
×ビチュシラス・ヴァシレフスキー(ロシア)
<ウェルター級/5分3R>
○シャラフ・ダヴラトムロドフ(ロシア)3R
判定
×イズマエル・デ・ジュズス(ブラジル)
<フェザー級/5分3R>
○ジハード・ユヌソフ(ロシア)3R
判定
×チアゴ・シウバ(ブラジル)
<ヘビー級/5分3R>
○セルゲイ・ベロステニー(ロシア)1R2分04秒
TKO
×マーク・ゴッドビア(英国)
<フェザー級/5分3R>
○アレクセイ・ポルプドニコフ(ロシア)3R
判定
×アブドゥルラフマン・テミロフ(ロシア)
<フェザー級/5分3R>
○アルマン・オスパノフ(カザフスタン)2R0分11秒
KO
詳細はコチラ
×ロマリ・エスキエフ(ドイツ)
<バンタム級/5分3R>
○クレヴェウソン・シウバ(ブラジル)2R2分12秒
TKO
×フォトカイディン・ソビロフ(タジキスタン)
<ライトヘビー級/5分3R>
○エブゲニ・エジムベリディエフ(カザフスタン)2R2分25秒
TKO
×バルタス・アグナエフ(ロシア)
<ライトヘビー級/5分3R>
○イリヤ・シュチェグロフ(ロシア)1R4分59秒
TKO
×アレクセイ・ストーヤン(ロシア)
PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Gokikai Karate